KFC-XS164S

さらなる進化を遂げたXSシリーズ

ハイレゾスピーカーとして、カーオーディオ業界に先駆けて評価を得てきたXSシリーズ。アイデンティティとも言える、「高解像サウンド」をさらに高い次元で追求する為、ビクタースタジオのマスタリングエンジニア川崎がXSを徹底的にチューニング。
音楽が完成する場所、マスタリングルームにてこれまで数々のヒットソングを世に送り出してきた技術と経験をもって「アーティストが本当に伝えたかった音を車内空間に届ける」為の総仕上げを行い、新たなXSサウンドが完成しました。

ハイレゾスピーカーとして、カーオーディオ業界に先駆けて評価を得てきたXSシリーズ。アイデンティティとも言える、「高解像サウンド」をさらに高い次元で追求する為、ビクタースタジオのマスタリングエンジニア川崎がXSを徹底的にチューニング。
音楽が完成する場所、マスタリングルームにてこれまで数々のヒットソングを世に送り出してきた技術と経験をもって「アーティストが本当に伝えたかった音を車内空間に届ける」為の総仕上げを行い、新たなXSサウンドが完成しました。

ビクタースタジオ マスタリングエンジニア
川﨑 洋


ビクタースタジオ マスタリングエンジニア
川﨑 洋

ビクタースタジオとは

時代と共に変貌し続ける音楽。どの時代にあっても、音楽はカルチャーであり、メッセージであり、アートであり続ける。その制作現場とし、プロセッサーとなり、 常に「今」を提供し続けるのがビクタースタジオです。 「時代の音」「今の音」をクリエイトするため、最新鋭システム・歴史的名器(ヴィンテージ・イクイップメント)・ デジタルテクノロジーを完備。それらを支えるマン・パワー。アーティストやクライアントの欲求を完全具現化できる環境がここにあります。株式会社JVCケンウッドのグループとして、関連事業への技術提供や商品開発にも携わっています。

©1999−2020 JVCKENWOOD Victor Entertainment Corp. All rights reserved.

2wayツィーター

純正ツィーター位置取付が可能なまま中央にスーパーツィーター、その外周にツィーターを配置し2way化を実現。それぞれのツィーターが異なる帯域を再生することでワイドレンジで豊かな音を再現。

ディフューザー形状の最適化

中央部の凹形状がボーカルの音像を鮮明に、径方向に空けた空間と外周の壁が位相とレスポンスの乱れを排除することで分離感のある音を忠実に再現。

中央部の凹形状がボーカルの音像を鮮明に、径方向に空けた空間と外周の壁が位相とレスポンスの乱れを排除することで分離感のある音を忠実に再現。

アルミショートリング

ボイスコイルの電磁誘導で発生する歪みをトッププレートとヨークの間に設置したアルミショートリングが打ち消す事で、よりクリアな音を再現。

ボイスコイルの電磁誘導で発生する歪みをトッププレートとヨークの間に設置したアルミショートリングが打ち消す事で、よりクリアな音を再現。

高剛性
グラスファイバー振動板

高強度、高靭性を備えた素材を使用し、しっかりとした音の輪郭、音の細部まできめ細かく再現。

高強度、高靭性を備えた素材を使用し、しっかりとした音の輪郭、音の細部まできめ細かく再現。

振動板のリニアリティを向上させる

「スムースモーションエッジ」を採用

エッジ部分に径の異なる2つのカーブを組み合わせて振幅リニアリティを向上。音の響きに合わせて振動板の動きを忠実に再現します。

高い剛性で不要な振動を抑える新設計の

「アルミダイキャストウーファーフレーム」を採用

内部損失が大きい高剛性アルミ素材の新設計「アルミダイキャストウーファーフレーム」が不要な余韻を抑え、歪の少ない自然な音の再生を可能にします。

音質変換効率を向上させる

「スクエアボイスコイル」を採用

真四角の断面を持つ線材を2層に巻くことでボイスコイルの磁束密度を高密度化。高い駆動能力でパワフルなサウンド再生を実現します。

ツィーターをダイレクトに駆動する

「高音質フィルムコンデンサー」を採用

新設計ツィーターに最適な、ハイパスフィルターに電気損失が限りなくゼロに近い「高音質フィルムコンデンサー」を採用。ツィーターとダイレクトに接続して、艶やかで臨場感溢れる音質を実現します。

ハイレゾ音源をリアルに体感!

ハイレゾ システム

XSシリーズと彩速ナビの組み合わせによりマスター音源に迫るリアルなハイレゾ音源を体感。スタジオやコンサートホールでレコーディングされた高品位なハイレゾ音源が高音質で楽しめます。

Hi-Res AUDIO

Hi-Res AUDIO

ハイレゾ スペシャルサイトをみる