• 2020年7月22日

クルマの周りの状況を広範囲で見守る360°撮影対応モデルを初ラインアップ

360°撮影対応ドライブレコーダー「DRV-C750」を発売

~前・後方のあおり運転だけではなく、左右からの幅寄せや車内での万が一のトラブルを録画~


株式会社JVCケンウッドは、ケンウッドブランドよりドライブレコーダーの新ラインアップとして、360°撮影対応ドライブレコーダー「DRV-C750」を8月下旬より発売します。


本機は、前方・後方に加え、左右と車室内の録画に対応。前・後方の車によるあおり運転だけではなく、並走車による左右からの幅寄せ、あるいは車内における万が一のトラブルを録画できます。また、最長24時間の駐車監視タイマー録画にも対応※1し、運転中はもちろん、駐車中もクルマの状況を前後左右、360°の広範囲で見守ります。


また、別売オプションとして360°撮影対応の本機と組み合わせて設置することで、車外後方のより鮮明な録画を可能にする後方撮影対応の2nd(リア)カメラ「CMOS-DR750」も同時発売します。

  • ※1:駐車監視タイマー録画をおこなう場合は、別売り電源ケーブル「CA-DR350」が必要です。
品名 型番 希望小売価格(税抜き) 発売時期
360°撮影対応ドライブレコーダー DRV-C750 オープン価格 8月下旬
「DRV-C750」対応
車外後方撮影用2nd(リア)カメラ
CMOS-DR750


<企画背景と製品の概要>

6月30日に改正道路交通法が施行され、これまで明確な定義がなかった“あおり運転”は「妨害運転」として規定され、新たに罰則も創設されました。ドライブレコーダーは、自動車の運転における万が一のトラブルを録画するとともに、ドライバーの身を守るための装備として、さらに必要性が高まっています。


あおり運転に対する危機感から、ドライブレコーダー市場では現在、前方・後方の両方向の映像を録画できる2カメラモデルが主流となっています。さらに、あおり運転にもさまざまなケースがあることから、前後だけでなく左右や車室内まで360°対応の撮影にも多くの要望が寄せられています。


このニーズに対応し、当社はこのたび、水平360°全方位録画に対応するドライブレコーダー「DRV-C750」を新たにラインアップします。本機は、これまで高い評価を得てきた高画質録画性能や高い基本性能を装備しつつ、撮影範囲を前・後・左・右方向と車室内に拡大した360°対応モデルです。先行車の急ブレーキや、後方からの追突、並走車による側面からの幅寄せといった“あおり運転“だけでなく、車室内で起こったトラブルまで、より広い範囲の録画を可能としました。


また、最長24時間の駐車監視タイマー録画に対応※1することで、駐車中の状況を長時間にわたって監視が可能。さらに、社外後方撮影用2nd(リア)カメラ「CMOS-DR750」(同時発売、別売オプション)も組み合わせて取り付けることで、後続車の動きなど後方映像のより鮮明な撮影が可能です。


当社は本機を、クルマの周りの状況をいつでも、広範囲で見守り、ユーザーにより安心・安全をお届けするドライブレコーダーとして提案します。


<「DRV-C750」の主な特長>

1.前後だけでなく左右や車室内の360°録画に対応


<360°撮影イメージ>

前方、後方・左右からのあおり運転や車室内での万が一のトラブルを同時に360°の範囲で録画が可能です。また、垂直方向は240°まで録画が可能。車の周りを広範囲にわたって見守ります。



2.360°録画撮影をはじめとする4種類の録画モードを搭載

360°録画が可能なパノラマモードに加え、前後2分割録画、前後左右4分割録画、さらに前後左右を俯瞰して録画できるラウンド-モードの4種類の録画モードに対応しています。また、リアカメラ(別売オプション)の使用時は、リアカメラの映像を重畳して表示することも可能です。


3.F1.8レンズを採用し、夜間やトンネルなどの暗いシーンも高画質な録画が可能

F1.8の明るいレンズを採用し、夜間やトンネルなどの暗いシーンの撮影に強いだけでなく総合的に画質を向上します。


4.「HDR(ハイダイナミックレンジ)機能※2」を搭載し、トンネルの出入り口など明暗差の大きなシーンで安定した録画が可能

「HDR(ハイダイナミックレンジ)機能※2」を搭載。逆光やトンネルの出入り口、夜間走行時の照明など、明暗差が激しい環境下で起きやすい「白とび」や「黒つぶれ」を抑え、安定した録画を実現します。

  • ※2:HDR機能は、メインユニットのみ動作します。

5.最長24時間の長時間「駐車監視タイマー録画」に対応

車載電源ケーブル「CA-DR350」(別売)を使用することで、最長24時間の駐車監視タイマー録画に対応。駐車中の衝撃や、動体の検知にも対応し、検知前の5秒間と検知後の15秒間の計20秒間の録画が可能です。


6.さまざまな車両状況を記録できる4つの録画機能を搭載 

(1)常時録画

エンジンON/OFFに連動して、本体の電源を手動でON/OFFする手間なく自動で録画がスタート/ストップします。

(2)手動録画

常時録画中でも、必要に応じて手動で録画ボタンを押せば、常時録画とは違うイベント記録フォルダにデータが記録されるためデータの呼び出しや保存がしやすくなります。

(3)イベント記録

Gセンサーの搭載により、突発的な衝撃や急激な速度変化などを検知すると自動的に録画を開始し、イベント記録専用のフォルダに記録します。

(4)駐車監視録画

車載電源ケーブル「CA-DR350」(別売)を使用することで、最長24時間の駐車監視タイマー録画に対応(前述参照)。


7.その他の主な特長

・長時間録画に対応した「大容量32GB microSDHCカード」を付属
・「イベント記録」「駐車監視録画」の際の衝撃検知を可能とする前後、左右、上下の3軸「Gセンサー」を搭載
・高感度「GPS」や測位衛星受信回路の搭載により自車位置を記録し、PC用連携ソフトで走行記録の確認が可能
・27.5fpsのフレームレート設定で、LED信号機の無点灯記録を防止
・テレビ放送への電波干渉を抑える「地デジ干渉対策」(VCCIクラスB適合)
・万が一の車両電源のアクシデントからファイル破損を防ぐバックアップ電源「スーパーキャパシター」搭載
・連続運転を長時間続けると警告音で知らせる「リフレッシュ通知機能」を搭載
・Gセンサーにより車の動きを検出し、運転の仕方を自動診断する「エコドライブ表示機能」を搭載
・一律4万円の補償金が支払われる交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度に対応※3

  • ※3:支払条件等の詳細はドライブレコーダー協議会のホームページをご確認ください。

・Windows/Mac PCで詳細なドライブ情報を確認できる専用ビューアーソフト「KENWOOD ROUTE WATCHERⅡ」を用意


<「CMOS-DR750」(別売オプション)の主な特長>

1.後方撮影専用カメラで、後方映像をさらに鮮明に同時録画が可能

リアウィンドウが小さい車や、後部座席に大荷物を積載しているなど、360°カメラ映像のみでは後方確認が難しい場合があります。後方撮影専用カメラをセットで取り付けることにより、これを解消し後方映像も鮮明に同時録画することが可能です。


2.「スモーク シースルー機能」を搭載し、リア・スモークガラスでも明るい映像で記録可能

「スモーク シースルー機能」を搭載。リアガラスがスモークガラスの車でも、リアガラスの濃度に合わせて設定を3段階で調整でき、後方の映像も明るく鮮明な映像で記録が可能です。


<「DRV-C750」の主な定格>

DRV-C750
本体仕様 電源電圧 DC5.0V(12/24V車両用シガープラグコード付属)
録画時消費電流(最大) 830mA(1.05A)
測位衛星 GPS
Gセンサー -3.0G~+3.0G(6段階)
液晶サイズ 2.4型フルカラーTFT液晶
撮像素子 1/2. 5型 フルカラーCMOS
最大記録画角 水平:360°/垂直:240°
F値 F1.8
動作温度範囲 -10℃~+60℃
撮影関連仕様 記録モード解像度(最大) ラウンドモード:1856 × 1856
パノラマモード:1920 × 960
2 分割モード:2048 × 1536
4 分割モード:2048 × 1536
フレームレート(最大) 27.5fps
記録方式 常時録画/イベント記録/手動録画/駐車監視録画※6
常時録画ファイル単位 1分
録画フォーマット
(動画)
MP4(H.264)
録画フォーマット
(静止画)
JPEG 準拠 設定中の記録モードでの撮影
ラウンドモード:1856 × 1856
パノラマモード:1920 × 960
2 分割モード:2048 × 1536
4 分割モード:2048 × 1536
記録映像再生方法 本体、もしくはWindows®標準のWindows Media Playerなど。
専用ビューアーソフト対応(当社ホームページよりダウンロード)※5
記録メディア microSDHCカード Class10以上推奨(16GB~32GB対応)
寸法等 外形寸法
(W×H×D)
※突起物除く
W : 74mm/H : 86.1mm/D : 32mm
ブラケット(テープ貼り付け)装着時高さ:最大98.8mm
質量(重さ)
(ケーブル/レンズキャップ含まず)
129g (microSDHCカード、取付ブラケット含む)
その他 電源ケーブル長 3.5m(シガープラグコード)
  • ※4:駐車監視録画には、車載電源ケーブル「CA-DR350」(別売)による電源接続が必要です。
  • ※5:対応OS:Microsoft Windows 8.1/10(32/64bit)、Apple Mac OS X 10.13以上。ビューアーソフトは最新バージョンをお使いください。

<「CMOS-DR750」の主な定格>

CMOS-DR750※6
本体仕様 撮影素子 1/2.7型 フルカラーCMOS
最大記録画角 水平:約100°/垂直:約52°/対角:約111°
F値 F1.8
動作温度範囲 -10℃~+60℃
撮影関連仕様 記録解像度(最大) Full-HD(1920 × 1080)(動画最大約207 万画素)
フレームレート(最大) 27.5fps
寸法等 外形寸法
(W×H×D)
W : 44mm/H :37mm/D : 28mm
ブラケット(テープ貼付け)装着時高さ:最大76mm
質量(重さ)
(ブラケット/ケーブル含まず)
32g
その他 接続ケーブル長 8.0m
  • ※6:撮影タイミングはメインユニットに連動します。

<商標について>

●microSDロゴ、microSDHCロゴはSD-3C LLCの商標または登録商標です。

●Windows®、Windows Media Playerは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

●「Mac OS」は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

●「スモーク シースルー」「ROUTE WATCHER」「360°レコ」は、株式会社JVCケンウッドの商標または登録商標です。

●その他、記載されている会社名、製品名は各社の商標および登録商標です。


  • DRV-C750
    <「DRV-C750」>
  • CMOS-DR750(別売)
    <「CMOS-DR750(別売)」>

本件に関するお問い合わせ先

【報道関係窓口】
株式会社JVCケンウッド 企業コミュニケーション部 広報・IRグループ
TEL : 045-444-5310 〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地
【お客様窓口】
JVCケンウッドカスタマーサポートセンター
TEL : 0120-2727-87(固定電話からはフリーダイヤル)/
0570-010-114(携帯・PHSからはナビダイヤル)/ 045-450-8950(一部IP電話)

本資料の内容は発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。