インストールのまえに準備いただくこと

アルコール検知器管理ソフト&スマートフォンアプリ用アプリパスワード発行手順

アルコール検知器管理ソフトとスマートフォンアプリはGmailを使用します。

以下の手順に従ってGmailのアカウントおよびアプリパスワード発行をしてください。

アプリパスワードはアルコール検知器管理ソフトとスマートフォンアプリそれぞれで必要になります。

1. Googleのトップページからメニューを開き、「アカウント」に移動する

2. 「Googleアカウントを作成」から、Googleアカウントを作成する

Gmailアドレスが付与されます。

※「2.測定結果の受信設定」で使用します。(アカウント名、メールアドレス欄)

3. アカウントの作成後ナビゲーションパネルで「セキュリティ」を選択する

パソコン画面例

スマートフォン画面例

4. 「セキュリティパネル」「アプリ パスワード」を選択する

「アプリ パスワード」が表示されない場合は、次のような理由が考えられます。

●アカウントで2段階認証プロセスが認定されていない→
→2段階認証が「オフ」になっている場合は、先に2段階認証の設定を行ってください。

5. 下部にある「アプリ選択」を選択し、「メール」を選択する

6. 「デバイスを選択」を選択し、使用するデバイスを選択する

7. 「生成」を選択する

8. 16桁のアプリ パスワードが生成されます。

※生成された16桁のアプリパスワードはスマートフォンアプリの設定で使用します。
アプリパスワードを忘れてしまった場合は再度3の手順から発行をお願いします。

ここで発行されたパスワードはスマートフォンアプリ用です。
PCのアルコール検知器管理ソフトも同様の手順で発行をお願いします。

PC用アルコール検知器管理ソフトのインストール

1. ソフトインストール

1. 下記からインストーラーをダウンロード

2. ダウンロードした「KENWOOD installer」をダブルクリックし、起動

3. 表示されたライセンスの内容を確認し、同意する場合は「同意する」を選択して表示に従い、インストールする

4. デスクトップに「KENWOODアルコール検知器管理ソフト」のショートカットアイコンが作成されインストールが完了する

2. 測定結果の受信設定

ソフト上部の「設定」「メール受信設定」で受信するメールアドレスなどを入力し、保存アカウント名とメールアドレス、パスワードは測定結果を管理するユーザーのアドレスとアプリパスワードを入力

※パスワードは「アプリパスワード」を記入してください。Googleログインパスワードではありません。

受信メールサーバー 「pop.gmail.com」を入力
アカウント名 Gmailアドレスを入力※1
パスワード アプリ パスワードを入力※2
ポート番号 「995」を入力
メールアドレス Gmailアドレスを入力※1

※1 測定結果管理を行う方のGoogleアカウント名作成時に発行されるメールアドレス

※2 管理者用のGoogleアカウントで発行されたアプリパスワード

スマホ用アルコール検知器管理アプリのインストール

スマートフォンアプリのダウンロード

KENWOOD
アルコール検知器アプリ 無料

対応OS  iOS12以降/Android9.0以降


【iOS】

アプリを起動し、表示されたライセンスの内容を確認する。

同意する場合は、表示に従って「同意する」→「OK」をタップする。

【Android】

アプリを起動し、表示されたライセンスの内容を確認する。

同意する場合は、表示に従って「同意する」→「OK」をタップする。

※許可しないを選択した場合、スマートフォンの設定画面に遷移します。アクセス許可がない場合、再度アプリ起動時に同様のメッセージが表示されます。

スマートフォンアプリ設定

メール設定画面の送信者メールアドレス各項目に送信メールサーバー情報を入力する

メールアドレス Gmailアドレスを入力※1
受信メールサーバ(SMTP) 「smtp.gmail.com」を入力
ポート 「465」を入力
ユーザー名 ユーザー名(任意の文字列)を入力
パスワード アプリ パスワードを入力※2
SSLを使用しない チェックは入れない

※1 Googleアカウント作成時に発行されるメールアドレス

※2 スマートフォンアプリで使用するGoogleアカウントで発行されたアプリパスワード

宛先メールアドレス設定で測定結果の管理者のGmailアドレスを入力する

測定データ送信先メールアドレス PC管理ソフトで受信する管理者のGmailアドレスを入力してください。
アラート通知先メールアドレス

測定結果が0.01mg/L以上の場合に、通知メールを受信したいアドレスを入力してください。
※測定データ送信先と同一のアドレスでも登録可能です。

測定の流れ

測定前の事前準備

PCの管理ソフトで測定者IDを設定する

1. ソフト上部の「設定」「測定者データ新規登録」または「設定」→新規登録で測定者ID登録画面を開く

2. 測定者IDの情報を登録する

*」は必須入力です。

 

一括で測定者IDを登録する場合

「設定」「csvデータ出力」からダウンロードできるファイルに各項目を記入し、「csvデータ読み込み」からアップロードすることで登録可能です。詳細はPC管理ソフト取扱説明書P14をご確認ください。

アルコール検知器本体へ測定者IDを転送する

1. PC管理ソフト上の設定タブを押し、アルコール検知器本体へ登録したIDにチェックを入れ、「CAX-AD300へ転送する」をクリックし、転送をクリック

2. 「CAX-AD300と接続」画面で、アルコール検知器とPCを別売ケーブル CAX-AD300PUで接続する

3. アルコール検知器本体の【ON/OFF】スイッチ】スイッチ同時に3秒以上押し、USB接続モードで起動する

4. 「Silicon Labs CP210 x USB to UART Bridge」または「USB-SERIAL CH340」を選択し接続をクリック

測定~PCソフトでの確認方法

※管理ソフト、スマートフォンアプリを活用する「MODE2」での使用方法です。

測定モード 動作
MODE1 簡易測定モード

測定者IDを使用せずに測定する ※管理ソフトへの自動メール送信は行いません

MODE2 データ管理測定モード 測定者IDを使用して測定し管理ソフトへ自動メール送信する
MODE3 連続測定データ送信モード 測定者IDを使用せずに複数人が連続して測定し、管理ソフトへ自動メール送信する
MODE4 連続測定モード 測定者IDを使用せずに複数人が連続して測定する ※管理ソフトへの自動メール送信は行いません

測定モードの選択

1. 「ON/OFF」スイッチを押して本体を起動する

MODE選択画面が表示されます。

2.  ボタンを押して[MODE2]を選択し、【ON/OFF】スイッチを押す

3.  ボタンを押して[BLE ON]を選択し、【ON/OFF】スイッチを押す

アルコール検知器とスマートフォンアプリをペアリング

スマートフォン側のBluetooth®をONにし、アプリ画面の【接続】ボタンを押す

「CAX-AD300」を選択し、アルコール検知器とスマートフォンアプリを接続する

※未接続・接続失敗時、円が赤く表示します。

吹き込み(ストロー差込口)の向きを調整する

上部アタッチメントを引き上げる

90度づつ回転させる

「カチッ」と音がするまで下げる

ストロー差し込み口にストローを差し込む

測定者IDを選択し測定する

1.  ボタンを押してIDを選択する

2. 【ON/OFF】スイッチを押すとIDが確定し、測定のカウントダウンが開始されます。

3. ペアリングしているスマートフォンのカメラに顔と本体が映るように持ち、カウントダウン終了の「ピッ」という電子音と同時にストローへ「4秒間」息を吹き込む

4. 測定が完了すると測定時の写真とともに測定数値をメール送信

測定結果をメールで受信する

「メール受信」をクリックし、測定結果をメールで受信する

接続に失敗する場合

  • インターネットに接続しているか確認してください。
  • メール受信設定を確認してください。

測定結果が0.01mg/L以上のデータは赤く表示されます。

また、測定回数が10,000回を超えたデータは黄色で表示されます。