KENWOOD

ドライブレコーダー スペシャルサイト

これからの新基準。
ドライブレコーダーは画質で選ぶ時代に。

JVCケンウッドはこれまで培った映像光学技術の粋をあますところなく投入。
ドライブレコーダーの新基準となる業界トップクラスの高解像度
WQHD(WideQuadHD)の採用により、細部にわたる描写能力を高次元で実現しました。

業界トップクラスの高精細
WQHD (Wide Quad HD)NEW

地上デジタル放送で知られるフルハイビジョンの約1.8倍の高解像度で記録するWQHD(2560×1440)を搭載。車のナンバープレートなど細かな部分までシッカリ記録します。

フルハイビジョンの約1.8倍の情報量

フルハイビジョン 約200万画素

WQHD 約370万画素

撮影時の解像度が高いほど情報量が豊富で、より細かな部分の映像の記録再生が可能。
ぼんやりした文字もWQHDならクッキリ再現。これからのドライブレコーダーの新基準画質です。

DRV-830 ONLY
業界最高レベルの長時間録画
microSDXCカード
ダブルスロット搭載NEW

大容量microSDXCカード対応

最大容量128GBまでのmicroSDXCカードに対応。最高画質 WQHDモードで最長約10時間、HD(ハイビジョン)モードで約26時間の長時間録画が可能。高画質と長時間録画を両立します。

リレー録画対応

microSDXCカード
ダブルスロット搭載

microSDXCカードのカードスロットをふたつ搭載。スロット1からスロット2へのリレー録画がおこなえます。WQHDモードで最長約21時間、HDモードで約53時間の超・長時間録画が可能。常時録画の映像を長時間撮っておきたい時に便利です。

※SDカードスロット2は、常時録画のみ記録します。

さらに長時間録画ができる
低フレームレート記録モード搭載

本機の標準フレームレート(1秒間に記録する静止画像枚数)は27fpsですが、さらなる長時間録画をおこなうためにフレームレートを3fps、9fpsに抑えたモードを新搭載。低フレームレートの間欠録画が可能。映像のなめらかさよりも長時間を優先する方にオススメです。

3型液晶モニター採用NEW
DRV-830 ONLY

走行映像の確認やメニュー画面の設定時に見やすく便利な大画面3型モニターを採用。
画面は大きく、本体サイズは極力抑えたコンパクト設計です。

走行映像が見やすい

高画質の走行動画をクラス最大サイズの3型画面いっぱいに映し出して確認できます。また、各種操作ボタンの位置が分かりやすいGUI(グラフィック・ユーザー・インターフェイス)を採用。大画面のメリットを生かして使いやすさをさらに高めています。

操作画面も見やすい

文字の表示が大きく見やすいので設定が楽にできます。また、録画映像をサムネール表示するので、再生したい映像の検索がスムースにおこなえます。

録画映像を直接スマートフォンに転送
無線LAN対応NEW
DRV-W630 ONLY

ドライブレコーダーから、スマホやSNSへ。
楽しい思い出を今すぐ発信しよう。

スマホで楽しむ

無線LAN対応のドライブレコーダーだから、録画した映像をスマートフォンに直接、データ転送できます。お気に入りのドライブシーンをスマートフォンに保存しておけば、いつでも好きなときに再生して楽しめます。録画映像の確認も手元でおこなえて便利です。

本機とスマートフォンをつなぐ専用アプリ

DRV Link
(iOS8.0以上/Android4.4以上対応)

DRV Linkは、走行中に記録した映像を共有するためのローカルベースのソーシャルネットワーク総合アプリケーションです。

ダウンロードはコチラ

App Store
Google Play
  • 録画モード選択画面
  • イベント記録映像
スマート連携 ドライブレコーダー+カーナビ

彩速ナビとドライブレコーダーがスマートに連携する

フロント/リアカメラと彩速ナビが連携し、さらに進化した機能を実現。
前と後ろのダブル録画とシンクロ再生、リアビューカメラ機能で安全なドライブをサポートします。