3Dと2Dの長所を兼ね備えた革新的な地図描画がナビゲーションの世界を変える。


地図の俯角をリニアに調節
NEW「3Dスライダー」搭載

ドライビング3Dマップ表示時に、方位ボタンを長押しすると「3Dスライダー」が表示されます。スライダーを操作することで地図の俯角を1度単位で調整可能。
リアルな景観はそのままに、より見やすい角度で表示できます。


分かりやすく誘導する「ナビ表示」

イラスト:ナビ表示画面。8点の表示内容を説明しています。

 2画面表示に対応

画面切替キー

 

 おおよその予定が把握できる

到着予想時刻と距離

 

 進行方向が直観的に判断できる

右左折矢印表示

一般道レーン案内

 

 地図の表示方法が選べる

方位表示

 拡大・縮小スライダーバー

縮尺表示にタッチすると画面上にスライダーバーが現れ、バーをドラッグすると縮尺を自在に変えることができます。

 地図画面の拡大・縮小

広域/詳細キー

 

 便利な機能をすぐに呼び出せる

ショートカットキー

 分岐点までの残距離をわかりやすく知らせる

ここです案内

次に曲がるポイントや分岐点までの距離を画面上にカウントダウン表示。案内ポイントが近づくと、交差点拡大図に自動的に切り替わります。

 全国の主要箇所の分岐点情報を収録した

方面看板表示

方面看板にルート案内が色違いで表示されるので、瞬時に目的の方向を判断することができます。

 複雑な交差点もリアルな立体表示で誘導する

3D交差点イラスト表示

都市部や幹線道路などの複雑な交差点をリアルなイラストで表示。道路上のラインや表示を写真のように再現して、適切なレーンへわかりやすく誘導します。

 拡大表示でスムースな右左折をサポートする

交差点拡大表示

ルート案内中に案内対象交差点へ接近すると自動で拡大画像を表示します。イラストと音声案内で右左折のポイントをスムースに案内します。

高精度で安定した走行のために

傾いた路面でも高精度で測位し正しい自車位置を維持
「6軸慣性センサー」

自車位置測位精度がさらに向上

3軸のジャイロと3軸の加速度センサーを持つ6軸慣性センサーを用いることで傾斜路、車の傾きに依存せず、水平面を基準とした角度を求めることができます。
これにより、山岳路や立体駐車場などでの自車位置精度が向上します。


業界トップクラスの自車位置精度を実現
「高精度測位 環境補正プログラム」

厳選されたパーツと今まで培った独自のアルゴリズムにより業界トップクラスの自車位置精度を実現。立体交差道路/立体駐車場/ビル密集エリアでも高精度で安定した走行ができます。

彩速ナビ TYPE Mでの精度測位の一例

GPSが遮断された立体駐車場での自車軌跡
自車位置のズレが少なく正確に測位


GPSに加えて、
準天頂衛星「みちびき」とロシアの衛星測位システム「GLONASS(グロナス)」に対応

これまで衛星を捕捉しにくかったビル街でも安定して衛星を捕捉でき、自車位置精度が向上します。

※受信できる時間帯には制限があります。

※季節によって受信できる時間帯は異なります。


独自のアルゴリズムでクルマの傾斜をより正確に検知し自車位置測位精度が向上
「高測3Dジャイロ」

全国の傾斜データと高精度デジタル3Dジャイロセンサーが連携
 

クルマの傾きを検知して道の勾配を把握する高精度3Dジャイロセンサーを搭載。インクリメントP株式会社の最新版「全国主要道高低差データ」をベースに、日本全国を網羅した傾斜データを格納。この傾斜データと3Dジャイロセンサーを高度にマッチングさせることで高精度な自車位置測位を可能にしています。さらに「高測3Dジャイロ」では、新たな3Dセンサーを採用し、ジャイロセンサー、加速度センサーのより高分解能なデータを取得することが可能となり、位置計算精度が向上しました。

目的地までの経路を意のままに設定できる
「マイルートアジャスター」

ドライバーの意図に合ったルートを探すことができる機能です。有料優先、道幅優先、渋滞回避、踏切考慮、信号考慮など、さまざまな条件について優先度を設定でき、ルート探索に反映されます。

有料優先

道幅優先

渋滞回避

踏切考慮

信号考慮

ルート学習

走行ルートの見通しが立てやすい
オンルートスクロール搭載 「案内先読みガイド」

目的地までのルート上のガイダンスポイントが先々まで確認できる「案内先読みガイド」を搭載。さらに、高速でルート上をトレースする(オンルートスクロール)機能を加え、ドライブ前もドライブ中も、走行ルートの見通しが立てやすく、安心・安全なドライブが可能です。

自車周辺の詳細地図をすばやく確認できる
「ワンタッチルーペ」

地図上の自車位置マークを軽くタップすると、自車周辺の拡大地図がルーペ表示され、すばやく詳細に地図を確認できます。

ドライブをサポートする「案内・表示」

広域表示で自車位置を確認しながら地図スクロールが可能
フライビューマップ

設定により緯度/経度/マップコードを表示することも可能になりました。

さまざまな情報を視やすく「表示」

高速道路

都市高速道路の入口付近を分かりやすく表示

ハイウェイエントランスガイド

高速道の分岐点をイラストと音声で正確に誘導

ジャンクションガイド

高速道路の料金所のETCゲート/一般ゲートを表示

ETCレーンガイド表示

 

ETC搭載車向けにスマートICを考慮した検索・誘導が可能

スマートIC案内

 

高速道路出口の複雑な分岐も分かりやすく誘導

出口後分岐表示

空港構内表示

複雑な空港構内をイラスト表示で分かりやすく誘導

成田国際・東京国際(羽田)・

中部国際・関西国際の4空港


システム設定で地図が連動

日の出/日の入り地図画面

 

ディマー設定時に時刻連動を設定することで日の出、日の入りの時間に合わせて地図画面の色合いが変化します。

 

ランドマークを高品位なグラフィックで

3Dポリゴンランドマーク表示

 

3D地図表示を選択してランドマーク付近を検索すると3Dアニメーションの世界のような地図画面が広がります。表示された3Dランドマークは360°回転させて見ることができます。

ライトのつけ忘れをお知らせ

日没ライト案内/警告

 

運転中、日没時間や夜間にライトが点灯されていない場合、Infoウィンドウ内に警告表示と音声案内でお知らせします。

運転者の安全をサポート

一時停止表示

 

走行時の道路の一時停止情報がある交差点では、一時停止アイコンが表示されます。

細かいところまで分かりやすく表示

100m詳細図表示

 

通過するべきレーンをハイライト表示

一般道レーン案内

 

信号や進入禁止など自車周辺の詳細情報を表示

信号機・一方通行表示

 

新規開通の高速道路の表示・探索にアップデートで対応

開通予定情報

 

検索した施設が営業時間外の場合「!」表示

営業時間外表示

 

時速30キロの速度規制エリアを表示できる

ゾーン30エリア表示

 

豊富なメニューから目的地を「探索」

「名称」「住所」「電話・郵便番号」「ジャンル」「履歴」「登録地点」などから目的地検索が可能。画面に触れずに目的地が探せる音声検索にも対応しています。ガソリンスタンドやコンビニなどを探すときに便利な「ピンドロップ検索」は、自車周辺の検索結果をピンのかたちで地図上に表示し、そのピンをタッチすると目的地に設定できます。

1文字ごとに絞り込める。

名称検索

数多くのジャンルから探せる。

ジャンル検索

お気に入りの場所にタッチ。

登録地点検索

操作は「自宅」にタッチだけ。

自宅ルート案内

ピンポイントで目的地が探せる。

住所検索

過去の目的地/行き先探索が呼び出せる。

検索履歴

お気に入りの場所をスマートフォンから転送

スポットブラウザ

電話番号でお店やスポットの場所を表示。

電話番号検索

マップコードを使って検索地点を表示。

マップコード検索

郵便番号から検索地点を表示。

郵便番号検索

検索した施設が営業時間外の場合に「!」表示。

営業時間外表示

緯度/経度を入力して行き先を探せる

緯度/経度検索

スマートフォンからドライブの予定を転送

お出かけプラン

※ご利用にはMapFanクラブへのご加入とMapFanアシストでの設定が必要です。

検索結果がピンで表示されて一目瞭然。

ピンドロップ周辺検索

検索結果を距離の近い順番で表示

スマートフォンのように入力できる

フリック入力

スマートフォンで使い慣れたフリック入力に対応。文字にタッチして上下左右にフリックして(はらいながら)入力することができます。また、トグル入力にも対応しています。

交換時期などをお知らせ
「車両メンテナンス」

「サブメニュー」で、オイル交換などさまざまな車両メンテナンス項目についてお知らせする機能を設定可能。交換時期が近づくと自動的にアナウンスしてくれるため便利で安心です。

 

●エンジンオイル交換 ●オイルフィルタ交換 ●タイヤ交換 ●クリーンフィルタ交換 ●バッテリー交換 ●タイヤローテーション ●車検

●法定点検 ●お好み1 ●お好み2

関連情報

 電波に関する重要なお知らせ

●本機は2.4GHz帯の周波数帯を使用しますが、他の無線機器も同じ周波数を使っていることがあります。他の無線機器との電波干渉を防止するため、記述事項に注意してご使用ください。

 

使用上のご注意

本機の使用周波数帯(2.4GHz)では、電子レンジ等の産業・科学・医療機器の他、工場の製造ライン等で使用されている移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)及び特定小電力無線局(免許を要しない無線局)並びにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。

  1. 本機を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局および特定小電力無線局、並びにアマチュア無線局が運用されていないことを確認してください。
  2. 万一、本機から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、速やかに使用周波数を変更するか、または電波の発射を停止した上、当社カスタマーサポートセンターにご連絡頂き、混信回避の処置等についてご相談ください。
  3. その他、本機から移動体識別用の特定小電力無線局あるいはアマチュア無線局に対して、有害な電波干渉の事例が発生した場合など、何かお困りのことが起きたときは、当社カスタマーサポートセンターへお問い合わせください。

●製品に表示している周波数表示の意味は以下の通りです。

2.4:2.4GHz帯を使用する無線機器です。

FH/DS/OF:FH-SS、DS-SS、OFDM変調方式を表します。

1:電波与干渉距離は10m以下です。

4:電波与干渉距離は40m以下です。

:全帯域を使用し、移動体識別装置の帯域回避可能です。


●ナビゲーションは安全のためにパーキングブレーキと接続してご使用ください。

●安全のため走行中のドライバーによる操作は行わないでください。ドライバーが操作する場合、安全な場所に車をとめてから操作および確認を行ってください。(走行中は一部操作できない機能があります)

●商品の改造・分解は絶対に行わないでください

●ドライバーは走行中、画面を注視しないでください。

●外国車や一部の車種によっては、車速パルスが取り出せない場合があります。車速パルスが取り出せない車には、当社ナビを取付できません。詳しくは販売店にお問い合わせください。

●ナビゲーションシステムにはルート設定や音声ガイドの機能がありますが、実際の走行は道路標識や交通規制に従い運転してください。

●ドライバーがテレビ画面を見るときは、安全な場所に停車させてからご覧ください。

●助手席エアバッグ装着車にモニターを取り付ける場合は、エアバッグの動作に支障のない場所に取り付けて固定してください。

●取付は取付説明書に従い、正しく配線してください。正しく配線されなかった場合や改造を加えた場合、事故の原因となります。この場合、当社は一切責任を負いかねます。

●本製品の動作状況に関わらず、万一車両盗難等が発生しても当社は一切の責任を負いません。

●GPS衛星は米国国防総省により管理されており、意図的に精度が変更されることがあります。

●ワンセグは、携帯端末の小さな画面を前提とした放送サービスであるため、画質が粗く感じられたり、映像の動きがなめらかでなかったりすることがあります。

●地上デジタル放送(ワンセグ)を受信中に受信状態が悪くなった場合、画面が静止したり、画面上にブロック状のノイズが映ったりすることがあります。また、音声もとぎれたり、出なくなったりすることがあります。

●GPS衛星は地理的状況などにより、受信できない場所があります。また、受信状況により、若干の誤差が生じる場合があります。

●液晶パネルは99.99%以上の有効画素がありますが、0.01%の画素欠けや異常点灯する場合があります。

●本製品は12Vバッテリー車専用です。バス、トラック、RV車の24Vには取り付けできません。

●ナビゲーションシステムを使用中、無線機器に雑音が発生する場合があります。

●WEB及びカタログに掲載の商品写真、取付例およびビジュアル等はすべてカタログ表現上のイメージです。写真の色(製品ボディ、およびイルミネーション等は、画面、印刷インキや撮影条件などにより、実際の色と異なって見える場合があります。

●WEB及びカタログに記載されているサービスは事前に予告なく終了する場合があります。

●当社はこのカーナビゲーション(モニター含む)の補修用性能部品を製造打ち切り後、最低6年保有しています。

●定格・意匠は予告なく変更される場合があります。

●保証書は所定事項の有無をご確認の上お受け取りください。

●価格にはすべて取付費が含まれていません。取付費に関しましては販売店にお問い合わせください。

●商品やテレビ画面の色調は、実際と異なる場合があります。画像及び画面は、すべてハメコミ合成イメージです。また、楽曲名等の表記は機能を紹介するために用いた架空のものがあります。

●カタログの内容についてのお問い合わせは、お近くの特約店にご相談ください。もし販売店でおわかりにならないときは、JVCケンウッドカスタマーサポートセンターへご相談ください。

●リアビューカメラやドライブレコーダーを車両に取り付けする際は、車両側の加工が必要となる場合があります。

●ナビゲーションシステム等の車載用機器の取付・配線等には、専門的技術と経験が必要ですので、お求めの販売店にご依頼ください。

●取付後、取付説明書を取扱説明書と同様に必ず保管してください。