• 2019年1月8日

最大出力400Wの新開発「Class D」アンプを搭載し、迫力ある重低音が楽しめる

チューンアップ・サブウーファー「KSC-SW40」を発売


株式会社JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより、市販向けカーオーディオの新モデルとして、最大出力400Wの新開発「Class D」アンプを搭載し、迫力ある重低音が楽しめるチューンアップ・サブウーファー「KSC-SW40」を、2月下旬より発売します。


品名 型番 希望小売価格(税抜き) 発売時期
チューンアップ・サブウーファー KSC-SW40 40,000円 2月下旬


●企画背景と製品の概要

当社は、いち早くハイレゾ音源に対応した“彩速ナビ”やパワーアンプ、スピーカーシステムを発売し、臨場感ある車内音場空間のシステムアップを提案し、好評を得てきました。このたび当社は、よりハイパワーなシステムアップを求めるユーザーに向けて、チューンアップ・サブウーファー「KSC-SW40」を発売します。

本機は、最大出力400Wの新開発「Class D」アンプの搭載と、バスレフ型ダウンファイヤリング方式エンクロージャーの採用により、量感豊かな迫力ある重低音が楽しめます。また、電源コードやRCAコードなどを同梱したオールインワンパッケージとし、手軽に質感・重量感のある音場空間のシステムアップが可能です。本機の市場投入により、カーオーディオのカスタマイズを楽しむユーザーのニーズに応えます。


●「KSC-SW40」の主な特長

1.最大出力400Wの新開発「Class D」アンプを搭載し、迫力ある重低音を実現

磁気回路を最適化し、厳選パーツを採用した新開発の「Class D」アンプを搭載。最大400Wのハイパワー出力で、迫力ある重低音を再現します。


2.量感豊かな迫力ある重低音が楽しめるバスレフ型ダウンファイヤリング方式エンクロージャーを採用

バスレフポートにより低音を増強する「バスレフ型」と、スピーカーを下向きに設置する「ダウンファイリング方式」のエンクロージャーを採用し、量感豊かな迫力ある重低音が楽しめます。


3.表面素材にパンチカーペットを採用し、荷物を置くことも可能


<設置イメージ>

フラットな本機天面の表面素材にパンチカーペットを採用し、荷物スペースとしても活用が可能です。


4.設置に必要な電源コードやRCAコードなどを同梱したオールインワンパッケージ


5.可変(0~+12dB)バスブースト機能を搭載し、重低音の質感を好みで調整することが可能


6. 手元でボリュームのコントロールが可能なワイヤードリモートコントローラーを付属


「KSC-SW40」

「KSC-SW40」

●「KSC-SW40」の主な定格

エンクロージャー バスレフ型ダウンファイヤリング方式
最大出力 400W
ライン入力感度 0.2 V ~ 5.0 V(RCA)/ 4.0 V ~ 12.0 V(スピーカー)
入力インピーダンス 22 kΩ
カットオフ周波数 50Hz~200Hz
電源電圧 DC14.4V(動作範囲11V〜16V)
最大消費電流 17A
外形寸法 W450mm×H300mm×D150mm
質量 8.4kg
電源コード長 6m
GND 1.5m
リモコンコード長 6m
RCAコード長 6m

●商標について

●「彩速ナビ」は株式会社JVCケンウッドの商標または登録商標です。
●記載されている会社名、製品名は各社の商標および登録商標です。



本件に関するお問い合わせ先

【報道関係窓口】
株式会社JVCケンウッド 企業コミュニケーション部 広報・IRグループ
TEL : 045-444-5310 〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地
【お客様窓口】
JVCケンウッドカスタマーサポートセンター
TEL : 0120-2727-87(固定電話からはフリーダイヤル)/
0570-010-114(携帯・PHSからはナビダイヤル)/ 045-450-8950(一部のIP電話から)

<本資料の内容は発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。>


JVC KENWOOD
※株式会社JVCケンウッド、日本ビクター株式会社、株式会社ケンウッド、J&Kカーエレクトロニクス株式会社の4社は2011年10月1日をもって合併し、株式会社JVCケンウッドとなりました。

www.jvckenwood.com


HomeBack