• 2016年9月7日

高音質音声ファイルフォーマット「FLAC」※1の再生に対応した計4モデルをラインアップ

市販向け1DINカーオーディオ2017年モデルを新発売

~上位2モデル「U360BT」「U320BT」にはBluetooth®を搭載~


株式会社JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより、市販向け1DINカーオーディオの2017年モデルとして、CD/USB/iPod/Bluetooth®レシーバー「U360BT」「U320BT」と、CD/USB/iPodレシーバー「U320W」「U320L」の計4モデルを10月中旬より発売します。

今回発表する4モデル全てにおいて高音質音声ファイルフォーマット「FLAC」※1に対応。また、上位2モデルの「U360BT」「U320BT」はBluetooth®を搭載し、ハンズフリーでの通話やワイヤレスでの音楽再生が楽しめます。


品名 型番 希望小売価格(税抜き) 発売時期
MP3/WMA/AAC※2/WAV※1/FLAC※1対応
CD/USB/iPod/Bluetooth®レシーバー
U360BT オープン価格 10月中旬
U320BT
MP3/WMA/WAV※1/FLAC※1対応
CD/USB/iPodレシーバー
U320W(ホワイト)
U320L(ブルー)

※1:WAV、FLACの再生はUSBのみです。

※2:AACは、AAC-LC“.m4a”ファイル形式の再生に対応しています。


  • 「U360BT」

    「U360BT」
  • 「U320BT」

    「U320BT」

  • 「U320W」

    「U320W」
  • 「U320L」

    「U320L」

●企画背景と製品の概要

最も手軽にクルマで音楽を楽しめる商品として、市販向け1DINカーレシーバーは、エントリーユーザーからミドルユーザーを中心に高いニーズがありますが、多様化する音声ファイルへの対応やスマートフォンに内蔵されている楽曲を楽しめる商品が求められています。

このたび当社が発売する、市販向け1DINカーオーディオの2017年モデル「U360BT」「U320BT」「U320W」「U320L」4モデルは、全モデルにおいて、高音質音声ファイルフォーマット「FLAC」※1の再生に対応させました。USBデバイスに収録した楽曲を高音質で再生が可能です。

また、上位モデルの「U360BT」「U320BT」は、Bluetooth®を搭載し、スマートフォンで普段聴いている楽曲の再生をワイヤレスで、簡単に楽しめます。


●「U360BT」の主な特長

・13桁/1.5行表示に対応する明るく視認性に優れた大型LCDを搭載

大型LCDの搭載により、13桁/1.5行表示が可能。また、1000色のカラー調整が可能なバリアブルカラー表示機能を搭載し、車内を鮮やかに演出します。



●「U360BT」「U320BT」共通の主な特長

1.Bluetooth®を搭載し、ワイヤレス音楽再生やハンズフリー通話が可能

対応するスマートフォンなどに収録された楽曲のワイヤレス再生が可能なBluetooth®を搭載。また、HFP Ver.1.6に対応し、Bluetooth®対応のスマートフォンや携帯電話で、クリアな音質のハンズフリー通話が手軽に行えます。(専用マイクロフォン付属)


2.スマートフォン等の音声認識に対応した「ボイスコントロールモード」を搭載

Bluetooth®接続されているスマートフォンや携帯電話の音声認識機能を利用して、電話帳検索や、収録されている音楽の検索・再生を、音声で行うことができます※3。また、本機からの操作で「iPhone」の「Siri」を起動※4し、付属のハンズフリー/音声認識用マイクを使用して、前方から目をそらすことなく、音楽の検索・再生や電話の発信などが可能です。

※3:音声によるオーディオ側のソース切り替えは、USB接続機器(携帯電話)へはできません。

※4:iOS 6.1 以降のiPhone 6s Plus, iPhone 6s, iPhone 6 Plus, iPhone 6, iPhone 5s, iPhone 5c, iPhone 5, iPhone 4s で利用可能。 iPhoneの「設定」でSiriを「ON」しておく必要があります。


3.USB 1.5A(アンペア)出力に対応し、スマートフォンやUSB機器※5への充電が可能

スマートフォンやデジタルオーディオ機器などの充電に対応した1.5A出力のUSB端子をフロントパネルに装備しました。Android™端末などの急速充電にも対応しています。

※5:すべての機器の動作は保証しておりません。


4.CD(16bit)を超えたダイナミックサウンドを実現する「24bit DAC」を搭載

高音質な音楽再生を手軽に楽しむことができる24bit DACを搭載。高精度な信号変換をすることで、よりクリアなサウンドを楽しむことができます。


5.車内でのベストサウンドポジションを実現する「タイムアライメント調整機能」を搭載

音楽を聴く座席に合わせて各スピーカーの距離とレベルを詳細に設定。より良い音場で視聴が楽しめます。


6.車内でのスピーカー特性の調整が可能

それぞれの帯域を得意とするスピーカーで音を出すことで、スムーズな音楽再生が行えます。



●「U360BT」「U320BT」「U320W/L」共通の主な特長

1.iPhone / iPodから本機の再生・選曲ができる「APP & iPodコントロールハンドモード」を搭載

iPodインターフェースケーブル※6を使って、iPhone / iPodと本機を接続することで、iPhone / iPodの再生・選曲など のコントロールや充電が可能です。

※6:別売オプション「KCA-iP102」または「KCA-iP103」が必要です。

2.原音に忠実な音質で再生できる音声ファイルフォーマット「FLAC」※1に対応

原音に対して音質が劣化しない可逆圧縮方式の音声ファイルフォーマット「FLAC」※1に対応。USBデバイスに収録 した楽曲を高音質で再生が可能です。


3.Android™搭載スマートフォンに収録した音楽を快適に操作できる「KENWOOD Music Play」に対応


Android™端末※7用無料アプリケーション「KENWOOD Music Play」※8を対応スマートフォンに インストールすることで、USB 接続されたスマートフォンに収録された楽曲をアーティスト、アルバム などの項目から選択・再生が可能となり快適に音楽を楽しめます。

※7:Android OS4.1 以上/ Android Open Accessory Protocol 2.0(AOA2)に対応。全ての Android™搭載スマートフォン の動作を保証するものではありません。

※8:Google play™より無料でダウンロードできます。


4.ワイドFM(FM補完放送)に対応したFM/AMチューナーを搭載


ワイドFMに対応したFM/AMチューナーを搭載。AMラジオの放送エリアにおいて、難聴対策や災害対 策のために、FM補完中継局※9を通じてFM周波数でAM放送を受信できる「ワイドFM」に対応していま す。AM番組がノイズの少ないクリアなFM放送で楽しめます。

※9 :FM補完中継局とは、AMラジオ放送の放送対象区域において、災害対策や難聴(都市型難聴、外国波混信、地理的・地形的難聴) 対策のために、FM方式で補完的な放送を行う中継局のこと。


5.車内の環境や好みに応じて設定できる各種オーディオコントロール機能を搭載

  • ・車内の状況や好みにあわせ周波数レベルをきめ細かく調整可能な13バンドイコライザー(「U360BT」「U320BT」のみ)。
  • ・ロードノイズなどでかき消されやすい小さな音や低音を補強し、聴きやすい音場に調整する「Drive Equalizer+」。
  • ・5段階で低音を調整できるようになったバスブースト機能。
  • ・圧縮音源をリズミカルでリアリティーのある音で再現する「SOUND RECONSTRUCTION」。
  • ・小さい音量でも心地よい音を再生するラウドネス。

6.その他の共通特長

  • ・インターネットラジオが楽しめるアプリケーション 「TuneIn Radio」「TuneIn Radio Pro」※10に対応。

    ※10:「TuneIn Radio」(無料)および「TuneIn Radio Pro」(有料)は「App Store」からダウンロードできます。アプリケーションのバージョン アップにより本機での動作保証ができなくなる場合があります。

  • ・スライドカバー&イルミネーション付きフロントUSB/AUX端子を装備し、さまざまなオーディオ機器の接続に対応。
  • ・「Drive Change」機能を搭載し、接続中のUSBデバイスから再生したいドライブを簡単に選択が可能。
  • ・音楽再生中でもワンプッシュで通話ができるハンズフリー専用「TEL キー」を装備
  • ・ハンズフリー通話に便利な「発着信履歴表示」や「連絡先プリセット(6 件)」機能を搭載。


●主な定格

    「U360BT」 「U320BT」 「U320W」 「U320L」
Bluetooth® 規格 Bluetooth® 3.0 -
周波数 2.402~2.480GHz -
出力 +4dBm(最大)、0dBm(平均)
パワークラス2
-
最大通信距離 約10m -
プロファイル HFP 1.6(Hands Free Profile)
A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)
AVRCP 1.5(Audio/Video Remote Control Profile)
SPP(Serial Port Profile)
PBAP(Phonebook Access Profile)
-
USB I/F部 USB規格 USB1.1/2.0(full speed対応)
ファイルシステム FAT12/16/32
最大供給電流 DC5V 1.5A DC5V 1A
MP3デコード MPEG-1/2 Audio Layer-3準拠
WMAデコード Windows Media™ Audio準拠
AACデコード AAC-LC“.m4a”ファイル -
WAVデコード Linear-PCM
FLACデコード FLACファイル(48kHz/24bit以下) FLACファイル(48kHz/16bit以下)
CD部
(8cmCD 非対応)
周波数特性 20Hz~20kHz (±1dB)
S/N比 105dB(1kHz)
ダイナミックレンジ 90dB
MP3デコード MPEG-1/2 Audio Layer-3準拠
WMAデコード Windows Media™ Audio準拠
AACデコード AAC-LC“.m4a”ファイル -
FMチューナー部 受信周波数範囲 76.0MHz~99.0MHz (100kHzステップ)
実用感度 8.2dBf (0.71μV/75Ω)
周波数特性 30Hz~15kHz (±3.0dB)
ステレオセパレーション 40dB(1kHz)
AMチューナー部 受信周波数範囲 522kHz~1629kHz (9kHzステップ)
感度 29dBμ(28.2μv)
オーディオ部 最大出力 50W×4
定格出力 30W×4(4Ω、1kHz、10%THD以下)
共通部 電源電圧 14.4V(10.5~16V)
最大消費電流 10A
埋込寸法 178W × 50H × 158Dmm
質量(重さ) 1.2kg 1.1kg 1.1kg

【対応iPod / iPhoneについて】

本機でコントロールできるiPod / iPhoneは、以下の通りです。
iPod nano(第7世代)、iPod touch(第5-6世代)、 iPhone 6s Plus、iPhone 6s、iPhone 6 Plus、iPhone 6、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5、iPhone 4s


【iPod / iPhone接続ケーブルについて】

本機とiPod / iPhoneの接続には、別売のiPod接続ケーブルが必要です。
「KCA-iP102」(Dockコネクタ30ピン搭載モデル用)、「KCA-iP103」(Lightningコネクタ搭載モデル用)



●商標について

●“Made for iPod”、“Made for iPhone”とは、それぞれiPod、iPhone専用に接続するよう設計され、アップルが定める性能基準を満たしているとデベロッパーによって認定された電子アクセサリーであることを示します。アップルは、本製品の機能および安全および規格への適合について一切の責任を負いません。このアクセサリーをiPod、iPhoneで使用すると、無線性能に影響することがありますので、ご注意ください。。●iPhone、iPod、iPod classic、iPod nano、iPod touchは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。●Bluetooth®とそのロゴマークは、Bluetooth SIG,Inc.の登録商標で、株式会社JVCケンウッドはライセンスを受けて使用しています。●「Android™」および「Android™ロゴ」、「Google Play™」は、Google Inc.の商標または登録商標です。●WMA(Windows Media™ Audio)は米国マイクロソフト社の米国およびその他の国における登録商標です。●「Drive Equalizer+」は株式会社JVCケンウッドの商標または登録商標です。●その他、記載されている会社名、製品名は各社の商標および登録商標です。


本件に関するお問い合わせ先

【報道関係窓口】
株式会社JVCケンウッド 企業コミュニケーション統括部 広報・IR・SR部
TEL : 045-444-5310 〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地
【お客様窓口】
JVCケンウッドカスタマーサポートセンター 
TEL : 0120-2727-87(固定電話からはフリーダイヤル)/
0570-010-114(携帯・PHSからはナビダイヤル)/ 045-450-8950(一部IP電話)

<本資料の内容は報道発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。>

JVC KENWOOD
※株式会社JVCケンウッド、日本ビクター株式会社、株式会社ケンウッド、J&Kカーエレクトロニクス株式会社の4社は2011年10月1日をもって合併し、株式会社JVCケンウッドとなりました。

www.jvckenwood.com


Home Back