• 2015年12月8日

ダイナミックな低域再生とスケールの大きな音場空間を実現するセパレートタイプの新シリーズ

市販向けカスタムフィット・スピーカー「USシリーズ」2モデルを新発売

純正位置への取り付けが可能なチューンアップツィーターも同時発売


株式会社JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより、市販向けカーオーディオのカスタムフィット・スピーカーの新シリーズとして、ダイナミックな低域再生とスケールの大きな音場空間を実現するセパレートタイプの「USシリーズ」2モデル、「KFC-US1703」「KFC-US1603」を2016年2月中旬より発売します。また、ツィーター純正位置にすっきりと取り付けが可能なチューンアップツィーター「KFC-ST1003」も同時に発売します。

品名 型番 希望小売価格(税抜き2本1組) 発売時期
17cmセパレートカスタムフィット・スピーカー KFC-US1703 30,000円 2016年2月中旬
16cmセパレートカスタムフィット・スピーカー KFC-US1603 29,000円
25mmチューンアップツィーター  KFC-ST1003 12,000円

  • 「KFC-US1703」」

    「KFC-US1703」
  • 「KFC-US1603」

    「KFC-US1603」
  • 「KFC-RS163S」

    「KFC-ST1003」

●企画背景と製品の概要

2015年度の国内市販向けカーオーディオ市場におけるスピーカーシステムの出荷台数は、約50万台になると予測されています。中でも、セパレートスピーカーの占める割合は年々増加傾向にあり、車内でも、より高音質なサウンド再生を求めるニーズが拡大しています。(以上、当社調べ)

そこで当社は、セパレートタイプのカスタムフィット・スピーカーの新シリーズとして、新しい振動板を搭載するなど音質面にこだわった「USシリーズ」を追加ラインアップし、「KFC-US1703」「KFC-US1603」の2モデルを発売します。

「KFC-US1703」「KFC-US1603」は、“躍動感”をコンセプトに軽さと強度を両立させた「アドバンスドハイブリッド振動板」を採用するとともに、音場の定位やクリアな音場感を実現する「25mmチタニウムハードドームツィーター」を付属し、ダイナミックな低域再生とスケールの大きな音場空間を再現します。「KFC-US1703」には、取り付けの汎用性を追求した「マルチブラケット」を同梱。幅広い車種への取り付けを可能としました。

また、ツィーター純正位置への簡単にすっきり取り付けができるチューンアップツィーター「KFC-ST1003」も同時に発売。純正スピーカーを装着した車内でのサウンド環境がより充実します。

当社は、この「USシリーズ」をミドルレンジモデルと展開。現在展開しているハイレゾ対応ハイエンドモデル「XSシリーズ」および、エントリーモデル「RSシリーズ」と合わせたラインアップをとりそろえ、音質面・車内環境・汎用性等、多様化するユーザーニーズに応えていきます。


●「KFC-US1703」「KFC-US1603」共通の主な特長

1.ダイナミックでパワフルな低域再生を実現する「アドバンスドハイブリッドパルプ振動板」を採用

パルプ、麻を最適な配分で混合した基剤に特殊塗装を施すことで、軽さと強度を両立させた「アドバンスドハイブリッド振動板」を採用しました。歪を抑えたクリアなサウンドとパワフルな低域再生を実現します。

2.不要な振動を抑制し、自然な音を再生する「アルミダイキャストフレーム」採用

剛性が高く変形しにくいため、ハイパワー入力時にしっかりと振動板を支える「アルミダイキャストフレーム」を採用。内部損失が大きいアルミ素材の特性を利用して不要振動を抑え、歪みの少ない自然な音の再生を可能にします。

3.歪を低減する「リニア・バランスドエッジ」を採用

エッジロールの厚みを変化させることで振幅量を均一にし、歪みを低減する「リニア・バランスドエッジ」を採用。繊細でクリアなサウンドを再現します。

4.純正位置へ取り付けが可能な「25mmチタニウムハードドームツィーター」を付属

音の分解性に優れたチタニウムを振動板に採用し、音像の定位やクリアな音場感を実現する「25mmチタニウムハードドームツィーター」を付属。ダイレクトフィットマウントブラケット形状を変更することで、さまざまな車両の純正位置への取り付けを可能としました。

5.クリアなサウンドを追求したヨーク構造を採用

ヨーク(キャップマグネット)表面を微量に流れる表皮電流を低減するために、ヨーク表面にスピン加工を施し、よりクリアなサウンドを再現しました。

6.リニアリティの高いサウンドを実現する「AFC+トルネードダンパー」(特許番号: 5413004)

従来のAFCダンパー形状を見直し、ダンパーにかかる応力を分散させることで、リニアリティの高いサウンドを実現します。

7.ボイスコイル振幅時の歪みを減少させ、磁気効率を高める「T字型ポールピース」

磁気回路の磁束の流れをスムースにし、ボイスコイル振幅時の歪みを減少。磁気効率を高めることで、理想的なパワードライブを実現します。

8.音響変換効率を向上させ、パワフルなサウンドを実現する「スクエアボイスコイル」

真四角の断面を持つ線材を採用することで、ボイスコイルの高密度化を実現し、音響変換効率が向上。さらに、ボイスコイルを2層に巻くことで従来タイプを上回る磁束密度を確保し、高い駆動能力でパワフルなサウンドを実現します。


●「KFC-US1703」の主な特長


<マルチブラケット>

・354車種に取り付け可能な「マルチブラケット」を同梱

取り付けの汎用性を追求した「マルチブラケット」を同梱。オプションその他の加工なしに、主要354車種への取り付けを可能にしました。



●「KFC-ST1003」の主な特長

1.優れた中高域を再現する「25mmチタニウムハードドームツィーター」

音の分解性や中高域の再現性、音像の定位に優れた音場感を実現する、チタニウム振動板を採用した25mmハードドームツィーターを採用しました。

2.さまざまな車種と多様な取り付け方法に対応

ダッシュボードへの取り付けに対応する「アングルマウント」や、ドアミラー部への取り付けに対応する「サーフェースマウント」を同梱し、取り付け方法が選択可能です。また、さまざまな車両への取り付けを可能にする「ダイレクトマウントブラケット」も付属し、トヨタ・日産・ホンダ・三菱・スバル車に対応。さらに、別売のツィーターインナーブラケットを使用することで、スズキ・ダイハツ・マツダ車への取り付けにも対応します。


●「KFC-US1703」「KFC-US1603」の主な定格

  「KFC-US1703」 「KFC-US1603」
主な仕様 2ウェイ2スピーカーシステム
17cmアドバンスドハイブリッドパルプ振動板
25mmチタニウムハードドームツィーター
16cmアドバンスドハイブリッドパルプ振動板25mmチタニウムハードドームツィーター
高音質フィルムコンデンサー
マルチブラケット付属 -
瞬間最大入力 180W 160W
定格入力 45W 40W
再生周波数特性 25Hz~40kHz(-10dB)
能率 85dB/W at 1m 84dB/W at 1m
インピーダンス
外形寸法 ウーファー部 156W × 156H × 67D mm 160W × 161.9H × 55D mm
ツィーター部 43.3W × 50H × 40.4D mm
質量 ウーファー部 0.79Kg(1個) 0.79Kg(1個)
ツィーター部 0.07kg(1個)

●「KFC-ST1003」の主な定格

  「KFC-ST1003」
主な仕様 25mmチタニウムハードドームツィーター
高音質フィルムコンデンサー
瞬間最大入力 180W
定格入力 45W
再生周波数特性 5kHz~40kHz(-10dB)
能率 85dB/w at 1m
インピーダンス
外形寸法 50W ×43.3H × 40.4Dmm
質量 0.07kg(1個)

※記載されている会社名、製品名は各社の商標および登録商標です。




本件に関するお問い合わせ先

【報道関係窓口】
株式会社JVCケンウッド コーポレート・コミュニケーション部 広報・IR部
TEL : 045-444-5310 〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地
【お客様窓口】
JVCケンウッドカスタマーサポートセンター 
TEL : 0120-2727-87(固定電話からはフリーダイヤル)
/0570-010-114(携帯・PHSからはナビダイヤル)/ 045-450-8950(一部IP電話)

<本資料の内容は報道発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。>

JVC KENWOOD
※株式会社JVCケンウッド、日本ビクター株式会社、株式会社ケンウッド、J&Kカーエレクトロニクス株式会社の4社は2011年10月1日をもって合併し、株式会社JVCケンウッドとなりました。

www.jvckenwood.com


Home Back