ホーム > ニュースリリース > ニュースリリース > ニュースリリース2006年 > Press Release

発行日:2006年11月22日
ホームエレクトロニクス
新製品案内
プレステージピュアオーディオ創立60周年記念「TRIOモデル」(K-TR60)を
限定発売

音質マイスターが厳選した高音質素材と、量産モデルでは困難な手作り加工により、
究極の「原音再生」性能と最高峰の品格を兼ね備えました
  株式会社ケンウッド(社長:河原 春郎、本社:東京都八王子市)は、創立60周年記念キャンペーンの一環として「TRIOモデル」の商品化を進めていますが、このたび、その第二弾として、音質マイスター*が厳選した高音質素材をふんだんに採用し、量産モデルでは困難な手作りによる加工を施すことで究極の「原音再生」性能と最高峰の品格を兼ね備えたホームエレクトロニクス製品、プレステージピュアオーディオ「K-TR60」を限定発売することとなりましたので、お知らせいたします。
*音質マイスター・・・ 当社の音質の最高責任者(Sound Meister)。音質マイスターが、最高の音質を再現するために、 製品の設計から部品の選定など、細部に到るまでこだわった製品群を音質マイスターエディション(Sound Meister Edition)と呼びます。
品名 型番 販売価格
(本体価格)
お 申し込み受付期間
プレステージピュアオーディオ
「TRIOモデル」
K-TR60 483,000円
(460,000円)
2006年12月 1日から
2007年 1月31日まで
K-TR60
K-TR60
創立60周年記念「TRIOモデル」のコンセプト
   当社は創立60周年記念キャンペーンの一環として、創業以来のコアコンピタンスである「音」と「無線通信」のそれぞれの分野で60周年記念モデルを商品化することを決め、今年7月には、その第一弾として、アマチュア無線機 オールモード・マルチバンダー「TS-2000S(ブラックバージョン)」を限定発売し、国内外で大きな反響をいただきました。
   そして、このたび、その第二弾として9月4日付ニュースリリースでコンセプトモデルの開発完了をお知らせしましたプレステージピュアオーディオ「TRIOモデル」の発売についてご案内をさしあげることとなりました。
   当社では、この「TRIOモデル」を、長年にわたって培ってきた様々な技術やノウハウと最先端の技術を融合し、最高峰の性能と品格を兼ね備えたプレステージモデルと位置づけ、長年にわたるお客様のご愛顧に感謝の気持ちを込めて、往年の高級ブランドである「TRIO」ブランドを限定的に復活させることといたしました。
音質マイスターより皆様へ
   「音と音楽に対して、忠実であること」それは「Kseries Esule」と共通したコンセプトです。
今回60周年モデルは、トリオ時代から営々と築き上げてきたオーディオ技術とその音質文化の集大成として完成させました。限定モデルであるということから、開発・設計段階で考慮しなければならない量産の枠を超えて、音にこだわりました。「Kseries Esule」というベースモデルに時間とコストをかけ、いわば手作りの、音のぬくもりや手触り感を追求し、いつまでも使い続けていただける満足感を追求しました。
   スピーカーユニット、コンデンサー、トランジスターなど、専用素材や希少部品をふんだんに採用するだけでなく、プリント基板に通常の倍の厚みをもつ銅箔を使用するなど、細部にまで徹底してこだわり、「Kseries Esule」でめざした「無垢なる音」の追求に一層の磨きをかけました。
   また、スピーカーのキャビネットの突き板にも希少材を採用したほか、フロントパネルやボリュームつまみの仕上げなどを手作業で行い、究極の「原音再生」性能をもつオーディオにふさわしい、最高峰の品格を纏わせました。
ケンウッド音質マイスター   萩原光男
【TRIOロゴ】
TRIO
製品の企画背景および概要
   今回は「TRIOモデル」の第二弾として、「音」の分野、特に創業以来世界中の多くの方にご愛用いただいているホームオーディオ機器から、プレステージピュアオーディオ「K-TR60」を限定発売いたします。
   創立60周年記念「TRIOモデル」として限定発売する「K-TR60」は、現在好評発売中のアコースティックサウンドシステム「Kseries」のハイエンドモデルとして本日同時発表いたしました「Kseries Esule」とプラットホームを共有しながら、音質マイスターが厳選した高音質素材や、量産モデルでは困難な手作りによる加工を用いることで、究極の「原音再生」性能と最高峰の品格を兼ね備えるとともに、お使いいただくユーザーの皆様に、特別な満足をお届けする製品をめざして開発されました。
   フロントパネルには、「TRIO」ロゴの彫刻を施したヘアライン仕上げ11mm厚シルバーアルミパネルを採用。ボリュームには美しいスピン仕上げのアルミツマミを、またスピーカーキャビネットには希少性の高いマーブルウッド材を突き板に採用するなど、高品位なたたずまいを実現しました。
   音質についても、基板、スピーカーターミナル、コンデンサー、トランジスターなど厳選された「TRIOモデル」専用のパーツを採用し、音質をチューニングアップ。さらに生産の最終工程で、音質マイスター*の試聴による音質確認を行い、一台一台にその証である「音質確認証」を付属することといたしました。
 
   販売方法につきましては、当社インターネットショップ「kenwood ec direct」にて受付を行う、台数限定とさせていただきます。詳細につきましては、「kenwood ec direct」(トップページ:http://www.ec-kenwood.com/ )でご案内させていただいておりますが概要は以下のとおりです。
お申し込み受付期間 : 2006年12月1日〜2007年1月31日(期間限定)
   また、FAXによるお申込みもお受けいたします。詳しくは、カスタマーサポートセンターへお問い合わせください。(TEL: 0570-010-114(ナビダイヤル)/携帯電話・PHS・IP電話:045-933-5133)
   本商品のお客様への発送は、2006年12月21日からとなりますが、限定的な生産となるため受注状況によっては、お届けが2007年3月以降となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
   なお、「TRIOモデル」は、弊社ショールーム「ケンウッドスクエア丸の内」において、12月1日よりご覧いただけます。
 ケンウッドスクエア丸の内   〒100-0005東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1階
  TEL:03-3213-8775 FAX:03-3213-7400
「K-TR60」の主な特長
1.「TRIO」ロゴの彫刻を施したヘアライン仕上げ11mm厚シルバーアルミパネルを採用
  ヘアライン加工を施した美しいラウンド形状のフロントパネルに、「TRIO」ロゴを刻印で配置、また、ボリューム、セレクターには、輝きの美しいスピン仕上げのアルミツマミを採用いたしました。
2.スピーカー・キャビネットの突き板には希少性の高いマーブルウッド材を採用
  通常の柾目の突き板とは異なり、ランダム状の木目に特徴がある希少性の高いマーブルウッド材を突き板に採用いたしました。同素材は希少価値が高く、高級家具などにも使われています。また、グリルには、アルミ製「TRIO」バッジを採用いたしました。
3.銅箔厚70μmのプリント基板を採用
  本体部の回路基板上の銅箔を通常モデルの倍の厚さの70μmにした切削加工によるプリント基板を採用いたしました。その結果、信号劣化を抑え、解像度の高い音質再生を実現いたしました。
4.バナナプラグ対応、高剛性大型スピーカーターミナル
  より太いスピーカーケーブルが接続できるよう、大型のスピーカーターミナルを採用いたしました。また、今回採用した大型スピーカーターミナルは、スピーカー端子の振動による干渉をプリント基板に伝えないために、背面パネルに固定したうえで、プリント基盤と専用の音声ケーブルで接続する構造を採用しています。
5.繰り返しの試聴の上、作成された専用大型コンデンサー
  60周年モデル専用に、繰り返し試聴し開発した大型コンデンサーを採用いたしました。パッケージングには、「KENWOOD 60th Anniversary」の文字を表記しております。
6.60周年モデルのために特性をそろえた、New Linier TRAIT を採用
  計4個配置される、アンプ素子特性を選別によりそろえることによって、左右チャンネルの音質特性を極限まで合わせこむことが可能となり、音質表現力が向上いたしました。
7.空間の定位表現に優れたチタニウム・スーパーツィーターを採用
  軽量でありながら、剛性に優れたチタン素材を用いて、ボイスコイルボビンと振動板を一体成型することにより、高い応答特性を実現いたしました。
8.芯数を通常モデルの約2倍にした、高密度実装スピーカーコードを付属
  60周年モデルでは、芯数を108本に増やしたスピーカーコードを付属いたしました。断面積が従来モデルの約2倍となり、導体抵抗値が下がり音質劣化の少ない信号伝送が可能となりました。
その他の特長
主要な特徴、スペックは、Kseries Esule と同一となります。
CDレシーバー部
  ■  フルバランス伝送回路構成
  ■  アドバンスド・ボリューム
  ■  独立電源供給型差動三段増幅回路
  ■  アナログ回路用のトランスには、トロイダルトランスを採用。
    各増幅段には、巻き線を分けて電源供給します。
  ■  デジタル/アナログ回路、アナログアンプ部最適分離構造
  ■  独立3トランス、32電源最適分離構造
  ■  CDメカ部のセット内分離
CDワイドレンジ再生技術
  ■  Supreme EXによる、40kHzまでのワイドレンジ信号へ広帯域化
  ■  高精度差動D/A変換回路
  ■  FM/AMチューナー搭載
スピーカー部
  ■  ワイドレンジ再生を可能にする、3Wayスピーカー構成
  ■  ハイブリッドクロスカーボンウーファー
    伝播速度の高いクロスカーボンと内部損失の高いパルプの異なる素材を貼り合せました。
  ■  スクエアボイスコイル採用ソフトドームツィーター
  ■  セパレートキャビネット構造
  ■  極厚30mmフロントバッフル
  ■  全周突き板仕上げキャビネット
  ■  音の自然な広がりを再現するラウンドバッフル、ラウンドキャビネット構造
主な定格
CDレシーバー部
アンプ部
  ■  定格出力:38W+38W(20Hz〜20kHz、0.07%、6Ω)、45W+45W(20Hz〜20kHz、0.07%、4Ω)
  ■  実用最大出力:55W+55W(JEITA 6Ω)、70W+70W(JEITA 4Ω)
  ■  全高調波歪率:0.015%(20Hz〜20kHz,10W、6Ω)、0.003%(1kHz,10W,6Ω)
  ■  SN比:105dB(AUX、TAPE、MD、D.AUDIO)95dB(PHONO)
  ■  入力感度/インピーダンス: 520mV/100kΩ(AUX、MD/TAPE)
  ■  出力レベル/インピーダンス:520mV/200kΩ(MD/TAPE REC)
デジタル部
  ■  Supreme EX(CD、デジタル入力1、2) 再生可能周波数:1Hz〜40kHz
CD部
  ■  周波数特性:20Hz〜20kHz
  ■  SN比:110dB以上
  ■  ダイナミックレンジ:100dB
  ■  再生可能ディスク:CD、CD-R、CDRW(CD-DAフォーマット)
チューナー部
  ■  FM受信周波数範囲:76MHz〜90MHz
  ■  AM受信周波数範囲:531kHz〜1,629kHz
電源部・その他
  ■  電源電圧:AC100V 50/60Hz
  ■  定格消費電力(電気用品安全法に基づく表示):120W
  待機時消費電力:0.1W以下
  最大外形寸法(約):W280×H151×D407mm
  重量(約): 9.6kg
付属品
FM室内アンテナ、AMループアンテナ、リモコン、リモコン用電池
 
スピーカー部
  ■  形式:3ウェイ3スピーカーシステム、バスレフ方式
  ■  防磁設計(JEITA規格グレードII)
  定格インピーダンス:6Ω
  定格入力:40W
  最大入力:80W
  ウーファー:12cmコーン型
  ツイーター:2.5cmソフトドーム型
  スーパーツイーター:2cmハードドーム型
  出力音圧レベル: 85dB/Wat1m
  再生周波数特性: 45Hz〜40kHz
  クロスオーバー周波数:3kHz、20kHz
  最大外形寸法:W180×H330×D275mm
  重量(約):5.7kg(1本)
付属品
スピーカーコード:3m×2本、クッション:8個、クリーニングクロス
ケンウッドは、「Mobile & Home Multimedia System」の分野で、カーエレクトロニクス、コミュニケーションズ、ホームエレクトロニクスの3事業を展開しています。そして、国内11社、海外22社の関連会社とともに、「新鮮な驚きや感動で、人々に幸せな気持ちを創ろう。」というビジョンの実現をめざします。

本件に関するお問い合わせ先
報道・出版窓口:株式会社ケンウッド CR統括部 広報・IR室 波木
TEL:042(646)6724 FAX:042(646)1440 E-mail:pr.qa@kenwood.co.jp

製品ポジのお問い合わせは下記へお願い致します。
株式会社ケンウッド ブランド戦略統括部 宣伝室 TEL:042(646)6733 FAX:042(646)6729

一般顧客窓口:ケンウッドカスタマーサポートセンター
TEL:0570-010-114(ナビダイヤル) 携帯電話・PHS・IP電話:045-933-5133

Home Back