ホーム > ニュースリリース > ニュースリリース > Press Release

2008年10月27日
ホームエレクトロニクス
新製品案内
映画も音楽も高画質・高音質で楽しめる
最新の音声フォーマットに対応したAVコントロールセンター
音質マイスターエディション(Sound Meister Edition)
「KRF-V9300H-S」を新発売!

〜J&Kテクノロジーズでの開発成果となるHDMI/DSPモジュールを搭載〜
 株式会社ケンウッド(社長:塩畑 一男、本社:東京都八王子市)は、最新の映像信号に対応するだけでなく、卓越した音楽再現能力を備えたAVコントロールセンター 音質マイスターエディション(Sound Meister Edition)「KRF-V9300H-S」を11月上旬より発売いたします。
 この「KRF-V9300H-S」は、今夏にドイツ・ベルリンで開催されたIFA2008(ベルリン国際コンシューマー・エレクトロニクス展)にて参考出品したAVコントロールセンターの国内版となり、日本ビクター株式会社(社長:吉田 秀俊、神奈川県横浜市、以下、「ビクター」)との共同出資により設立した技術開発合弁会社「J&Kテクノロジーズ株式会社」にて開発を完了した、デジタル映像・音声信号の伝送・処理を行うHDMI/DSPモジュールを搭載したモデルとなります(2008年8月25日広報発表)。
(株式会社ケンウッドは、日本ビクター株式会社との経営統合にともない、2008年10月1日付で株式移転の方法により設立された共同持株会社「JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社」の100%子会社となりました。)
品名 型番 希望小売価格
(本体価格)
発売時期
AVコントロールセンター KRF-V9300H-S 84,000円
(80,000円)
11月上旬
KRF-V9300H-S
KRF-V9300H-S
企画背景と製品の概要
 高画質テレビの普及に同期する形で、次世代光ディスクであるBlu-rayやBS/地上波デジタル放送といった高画質・高音質なAVコンテンツの普及が進んでいます。
また一方、音楽では、CDはもちろんiPodも家庭内で新たな音源として活用されてくるなど、映像・音楽の分野で様々な音源が増えてきています。

 このたび発売するAVコントロールセンター「KRF-V9300H-S」は、広がりを見せる様々なAVコンテンツを、高画質・高音質で楽しみたいというニーズの高まりに対応した商品です。 高画質テレビやBlu-rayプレーヤーへの対応として、高品位な映像/音声伝送をケーブル1本で可能にするHDMI端子を装備。フルHDビデオ信号1080p(1920×1080)や「Deep Color」の伝送を可能にするとともに、Blu-rayディスクに採用されているDolby True HDやDTS-HD といった最新のロスレス(可逆型)音声フォーマットやマルチチャンネル・リニアPCM音声に対応。長年ケンウッドが培ってきたサラウンド再生技術で一層の高音質再生を可能としています。音楽再生においても、2chステレオからHDオーディオのビットストリーム信号まで、すべての入力ソースを高品位で再生する「ピュアオーディオモード」を装備。映画も音楽も高音質で楽しむことができます。
また、別売のiPod接続ケーブル「PNC-iP120」で、iPodと接続すれば、iPodの音楽コンテンツだけでなく、ビデオコンテンツの再生も楽しめます。
「KRF-V9300H-S」の主な特長
1. 最新の音声フォーマットに対応
  Dolby TrueHDやDolby Digital Plus、DTS-HDといった最新の音声フォーマットに対応することで、次世代光ディスクメディアのために開発されたロスレス(可逆型)音声技術等をビット単位の精度まで完全に再現することが可能です。
 
■対応サラウンドフォーマット
●Dolby TrueHD ●Dolby Digital Plus ●DTS-HD Master Audio ●DTS-HD High Resolution Audio ●DTS-HD LBR ●Dolby Digital EX ●Dolby Digital ●Dolby Pro Logic Ux ●DTS ●DTS-ES ●DTS 96/24 ●DTS Neo:6 ●AAC ●Dolby Virtual Speaker ●Dolby Headphone ●マルチチャンネル・リニアPCM信号
2. ビクターとの共同開発によるHDMI/DSPモジュールを搭載。HDMI対応テレビとのシステムリンクも実現
  ビクターとの共同開発による高品位な映像/音声伝送をケーブル1本で可能にするHDMI端子を装備。フルHDビデオ信号1080p(1920×1080)や、Blu-rayディスクに採用されている「Deep Color」映像信号への対応、そしてマルチチャンネル・リニアPCMやDolby TrueHD、DTS-HDマスターオーディオなどの高音質な最新音声フォーマットの伝送も可能です。 また、HDMI規格で採用されたシステムリンク機能「C.E.C.(Consumer Electronics Control)※」機能を搭載。HDMI接続をすれば、テレビのリモコン操作で「KRF-V9300H-S」の電源ON/OFFやボリューム調整、入力セレクターの自動切換などの主要操作が可能となります。
 
対応機器:パナソニック製のビエラリンク対応テレビ(2008年10月現在)
3. 微小な音も巧みに響かせる高精度「32bitフローティングポイントDSP」
   音声処理を行うDSPには、信号処理速度を飛躍的に高めた高性能「32bitフローティングポイントDSP」を採用。最新のサラウンドフォーマットへの対応はもちろん、複雑な信号処理にも余裕を持った対応が可能なため、微小信号まで余すことなく高精細なサウンドを再現します。
4. 卓越した高音質技術で、音楽をより良い音で楽しめる「ピュアオーディオモード」
   2chステレオからHDオーディオのビットストリーム信号まで、すべての入力ソースを高品位で再生する「ピュアオーディオモード」を装備。ディスプレイ消灯とアナログビデオ回路の停止により、ビデオ回路からのパルスノイズの混入を防ぎ、高純度な信号伝送を実現すると同時に、電源効率を高め「オーディオ・アンプ回路」の安定動作を可能にします。微小な音楽信号の再現性が向上し、原音に忠実なハイクオリティサウンドが楽しめます。
5. 高音質再生を支えるオリジナルトランジスタ「New Linear TRAIT」
   音楽再生時の表現力向上のため、フロントチャンネルにはケンウッドオリジナルの高音質化トランジスタ「New Linear TRAIT」を搭載したディスクリートアンプ構成を採用。応答速度を高め、かつ低域の豊かな表現を可能にします。
6. 接続するスピーカーと部屋の音響特性に合わせて最適なホームシアター音場が簡単に設定できる「AUTO ROOM EQ」
   付属マイクを使用した測定・解析データ※を基に、最適なホームシアター環境が簡単に設定できる「AUTO ROOM EQ」機能を搭載。測定データから部屋の特性とスピーカーの特性を分析し、自動でスピーカーの設定(有無)を行うと同時に各チャンネルに対して最大128ポイントのきめ細かな周波数補正を行い、フラットな再生周波数特性を可能としました。チャンネル間の音のつながりや音楽信号の表現力を向上させることにより、自然なサラウンド再生を実現します。
 
測定内容:スピーカーの@接続、Aリスニングポジションまでの距離、Bサイズ、C極性、D再生周波数特性、E音量レベル
7. 「リップシンク(Audio Delay)」機能
  音と映像のズレを補正する「リップシンク(Audio Delay)」機能を搭載。「Auto」「Manual」から選択できます。
■Auto
HDMI対応機器同士を接続した場合、T Vモニターとプレーヤーのそれぞれの状態を把握し、映像と音声のズレを自動で補正します。
■Manual
HDMI対応機器以外の接続の場合、マニュアルで音声の遅延時間を調整することが可能です。
8. iPodも高音質/高画質で楽しめる、「iPodコントロール」機能
   別売のiPod接続ケーブル「PNC-iP120」で、iPodと接続すれば、iPodの音楽コンテンツだけでなく、ビデオコンテンツの再生も楽しめます。「KRF-V9300H-S」の本体およびリモコンでiPodの「再生/一時停止」「スキップアップ/ダウン」などの基本操作が可能。また、接続中は、再生しながらの充電も可能です。
 
■対応iPod
iPod touch(第1世代)※、iPod classic(第1〜2世代)、iPod (第5世代)、iPod photo、iPod クリックホイール、iPod nano(第1〜4世代)、iPod mini
 
iPod touch は「ミュージック」のみ対応しています。
モデルによっては、操作できない機能があります。
9. 豊富な入出力端子
  ●HDMI端子:入力×2、出力×1(ver.1.3a)●映像入力端子:D4×3、S-Video×2、コンポジット×3 ●前面映像/音声入力端子×1●映像出力端子:D4×1、S‐Video×1、コンポジット×2 ●音声入力端子:デジタル×3(光×2、同軸×1)、アナログ2ch×6、アナログ6ch×1 ●音声出力端子:アナログ×2 ●iPod接続端子(別売ケーブル「PNC-iP120」専用)×1 ●ヘッドホン端子×1
「KRF-V9300H-S」の主な定格
  [オーディオ部]●ステレオモード:定格出力100W+100W(63Hz〜20kHz、0.7%、6Ω)・実用最大出力130W+130W(1kHz、10%、6Ω) ●サラウンドモード:実用最大出力/フロント:130W+130W、センター:130W、サラウンド:130W+130W、サラウンドバック:130W+130W ●全高調波歪率:0.009%(1kHz、50W、6Ω) ●周波数特性:Line(CD)10Hz〜100kHz、+0dB〜-3dB ●S/N比Line(CD):105dB(JEITA) ●トーンコントロール特性:BASS±9dB(at 100Hz)、TREBLE±9dB(at 10kHz) ●入力端子(感度/インピーダンス):Line550mV/25kΩ ●出力端子(レベル/インピーダンス):MD/TAPE REC 500mV/1kΩ、サブウーファープリアウト:1.3V/2.2kΩ [ビデオ部]●入力端子(感度/インピーダンス):コンポジット 1Vp-p/75Ω、Sビデオ(Y信号)1Vp-p/ 75Ω(C信号)0.286Vp-p/75Ω、D端子(Y信号)1Vp-p/75Ω(Cb/Cr信号)0.7Vp-p/ 75Ω ●出力端子(レベル/インピーダンス):コンポジット1Vp-p/75 Ω、S-Video(Y信号)1Vp-p/75Ω(C信号)0.286Vp-p/75Ω、 D端子(Y信号)1Vp-p/75Ω(Cb/Cr信号)0.7Vp-p/75Ω [iPod部] ●最大供給電源:DC5V/500mA [FMチューナー部]●受信周波数範囲:76MHz〜90MHz ●アンテナインピーダンス:75Ω不均衡 ●高調波歪率:モノ0.4%(1kHz)/ステレオ0.5%(1k Hz) ●S/N比:モノ70dB(65dBf入力時)/ステレオ68dB(65dBf入力時) ●ステレオセパレーション:35dB(1kHz) [AMチューナー部]●受信周波数範囲:531kHz〜1629kHz ●S/N比:45dB [電源部・その他]●定格消費電力(電気安全取締法に基づく表示):275W ●待機時消費電力(HDMI Linkオフ):0.2W以下 ●最大外形寸法(約):440(W)×166(H)×394(D)mm ●質量(約):11kg ●付属品:FM室内アンテナ、AMルームアンテナ、リモコン、リモコン用単4形乾電池(2本)、セットアップ用マイク(コード長約5m)
商標について
  ●AppleおよびiPodは、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の登録商標です。
ケンウッドは、「Mobile & Home Multimedia System」の分野で、カーエレクトロニクス、コミュニケーションズ、ホームエレクトロニクスの3事業を展開しています。そして、国内11社、海外25社の関連会社とともに、「新鮮な驚きや感動で人々に幸せな気持ちを創ろう。」というビジョンの実現をめざします。
本件に関するお問い合わせ
報道・出版窓口:JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社 事業戦略推進部 宣伝・パブリシティ担当
TEL: 03-5537-1820 FAX: 03-5537-1875 E-mail:pr.qa@kenwood.co.jp

製品ポジやカタログのお問い合わせ窓口:株式会社ケンウッド ブランド戦略統括部 宣伝室
TEL:042-646-6733 FAX:042-646-6729

一般顧客窓口:ケンウッドカスタマーサポートセンター
TEL:0570-010-114(ナビダイヤル)携帯電話・PHS・IP電話:045-933-5133 FAX:045-933-5553
ホームページhttp://www.kenwood.co.jp/でもご案内しています。
Home Back