INTERVIEW 03

アーティストparis match

KH-KZ3000

about: headphonesKH-KZ3000

高音は艶やかで低音はふくよか。ああ、こんなに違うんだと思いました。

2015年12月16日発売のアルバム「11」に収録されている「Killing you」がKH-KZ3000のコンセプトソングに決定。プライベートでもご愛用いただいているこのヘッドホンについて、お話を伺いました。

- 12月16日に発売されるNEWアルバム「11」のマスタリング時には、KH-KZ3000で音確認を行って頂いたとの事で、まことにありがとうございます。初コラボになりますが、KENWOODにはどんなイメージをお持ちでしたか?

(ミズノマリさん、以下敬称略):学生の頃はKENWOODさんのコンポを使って音楽を聴いていたので、すごく親しみのあるメーカーです。シルバーの色のコンポでした。

― Kシリーズかもしれないですね。杉山さんはいかがでしょうか。

(杉山洋介さん、以下敬称略): 僕はカーオーディオやナビのイメージが強いです。F1が好きで良く鈴鹿とか観に行ってたんで、そういうカースポーツのイメージもありますね。マクラーレンでしたっけ?

― はい、マクラーレンホンダ F1チームに無線機を提供しています。

(杉山): サーキット場によくKENWOODのロゴがたくさんありますよね。

PARSMATCH

小さい音もバランスが良くて低音もすごく気持ちいい

― そうですね。ではかなりはっきりとしたイメージをお持ちなのですね。

(杉山): そう、やっぱりかっこいいカーオーディオのイメージですかね。

(ミズノ): 私も、スタイリッシュなイメージがあったのでそれを選んだんだと思います。

― paris matchの音楽もスタイルも、スタイリッシュな感じですよね。

(杉山): だから僕らも勝手にKENWOODのイメージとぴったりだなと思って(笑)

― 嬉しいです。NEWアルバム「11」収録曲「Killing you」もKH-KZ3000のコンセプトソングに選んでいただいたのですよね。

(杉山): アルバムの中で「Killing you」は個人的に一番思い入れがあった曲なんですよ。だから、いい音で聴いてほしいなという気持ちがあって。

PARSMATCH

― 「11」はCD版とハイレゾ版が発売されるとの事ですが、ハイレゾの「11」をハイレゾ音源対応のKH-KZ3000でお聴きになってどのように感じられましたか?

(杉山): レコーディング中はずっと24bit/96kHzで作業しているんで、スタジオで聴いてる音がそのまま再現できているなと。今の若い子達はMP3なんかで聴く事も多いようですけれど、このヘッドホンだと本当に小さい音もしっかりバランス良くて、スタジオで聴いているとおりに出ていて、低音もすごく気持ちいいので、このヘッドホンでハイレゾ作品が届けられれば一番嬉しいですね。

― paris matchのファンはかなり耳が肥えてるとうかがっています。

(ミズノ): そうですね、結構音にはウルサイというか(笑)詳しい人が多いですよね。

― paris matchはアーティストの中でも割と早いタイミングでハイレゾ版を出していらっしゃいますよね。

(杉山): 僕らは10年くらい前から、24bit96kHzで作品を録っているんで、それをそのままファンに届けたい気持ちはかなり強いです。

― ボーカルとして、ミズノさんはいかがですか。

(ミズノ): そうですね、私の声って太い感じというか、低域と高域で音の声質がかなり変わって聴こえるかなと思っているんですが、このヘッドホンは、高音も痛くないし、低音もドスって感じではなくて、どちらの音域もいい意味でふくよかに聴こえる感じがしますね。

PARSMATCH

― ミズノさんのボーカルはアルバムが出るたびにどんどん艶っぽくなってる印象がありますので、表現力の優れたハイレゾ音源だと特に気持ち良く聴ける気がします。楽器の表現についてはいかがでしょうか。

(杉山): 制作段階でホーンセクションやベース、ギターを生音に差し替えていくんですが、楽器もスタジオで聴いている帯域の広い音そのまま聴こえていいですね。全体の印象としても、上の方は艶やかに出るし下もふくよかだし、ああこんなに違うんだと。普段、出かける時もこれ使うのがいいかなと。自分たちの曲を、このヘッドホンで聴いてもらえたら本望です。

― 普段はヘッドホンは使われますか?

(ミズノ): お出かけの時はやっぱりカナルタイプの方を使う率が多かったりします。

(杉山): 髪型とかを気にしてカナルタイプにしちゃうけど、逆にこれだったらカッコつけるために今日はこっちにしようとか。この赤いケーブルなんかもいいですよね。

(ミズノ): そう、赤いステッチや三角のオーナメントも効いててカッコいい。

PARSMATCH

イヤリングをしてても痛くないし、アクセサリーみたいな感じね。

― デザインとしては、音を聴いていない時、首にまいていても様になるファッション性も重視してます。

(ミズノ) : アクセサリーみたいな感じね。

― 女性がつけていてもいかつくならないようバンド部分もシンプルにしてあります。

(ミズノ) : それに女性だとイヤリングをつけたままこういうヘッドホンをつけると痛かったりするんですけど、これは全然痛くないんですよ。ここのクッションがすごく効いてて、どこも痛くない。

(杉山) : 質感もいいし、これをつけてるとデキそうな感じに見えますよね。(笑)

― コンセプトソングについて伺わせていただけますか。

(杉山) : KENWOODヘッドホンは6年半ぶり、そして「11」も3年ぶりのアルバム制作ということで、なんか入り口が近かったんですよね。アルバム制作の最終段階でこのヘッドホンで音を聴いた時、「Killing you」の楽器の編成とかフレーズの聴こえ方とかが、KH-KZ3000の良さをたくさん引き出しているんじゃないかと。それにアルバム制作のきっかけになった曲で個人的に思い入れの強い、一押しの作品なので、いい音で聴いて貰いたかったんです。

PARSMATCH

― アルバムの2曲目に入ってますよね。でも、1曲目を聴いた時、“んんん?これって?”と思いました。

(杉山) : シャバダバですね(笑)

― タイトルが「11」でparis match……PM……ああ! あの「11PM」タイトル曲か!と聴いた後に気が付きました。その衝撃の後に続く「Killing you」は期待感と共にスムーズに聴けました。

(杉山) : 曲順は最後まで決まらなかったんですけど、この曲が2曲目というのは自分の中で最初から決めてました。

― 今回のアルバムはどのように出来たのでしょう?

(ミズノ) : デビュー時、私たちの目標はアルバム10枚出す事だったんです。11枚目は出すのかどうかわからなかったんですが、出すならデビュー15週年を迎えた今年でしょと。

(杉山) : 10枚目の時悔いが残らないよう全部出しきって、やりきった感が強かったんで、自分の中でも11枚目を出すイメージがなかったんですよね。一度達成感を味わってしまうと、次を作るモチベーションが弱くて、今までのようなペースで曲ができなかったんです。そんな中「Killing you」がパッとできた時、あ、これならアルバム出せるかもと思ったんです。だからこそ、自分的には一番思い入れが強いんです。

PARSMATCH

― 「Killing you」にでてくる、サビの部分に歌詞にない言葉はどのように生まれたのですか?

(ミズノ) : トゥ、トゥルットゥルル~ですか?あれはもともとスキャットで入れてたんです。

― すごく良い感じで、ファンとしてはタイトル通りヤラれる部分かもしれません。12月19日には恵比寿ガーデンホールライブも予定されていますよね。ライブでミズノさんは泣きそうになるそうですが。

(ミズノ) : 私すぐ泣くんです。泣き虫なんで、絶対泣きますね、MCとかで感極まって。皆さん集まってくれてありがとうとか言おうとすると、嬉しさがうお~っときちゃって、すぐ泣いちゃうんです。

(杉山) : ファンの人はもう全然驚かないですけどね(笑)

(ミズノ) : そう、もう全然慣れたもんなんですけど。キタキタ~みたいな。

PARSMATCH

― MCで泣くと歌えなくなったりしませんか?

(杉山) : MCで泣くんですけど、イントロ始まると普通に戻る(笑)。演出なのかみたいな。

(ミズノ) : 演出かなと思われるくらいね、切替えができるんですよ(笑)

― 女優みたいですね(笑) 最後にアルバムについて、ファンにメッセージをお願いします。

(ミズノ) : NEWアルバム、本当にお待たせしました。10枚目で私達も一段落して、ファンの方も一段落したかなと勝手に思っていたんですが、年が経つうちに早く次出して出してという声をたくさんいただいたので、お持たせしました!という気持ちです。やっぱり、皆さんに気に入っていただけるといいなという想いが強いです。

(杉山) : いつも自画自賛しちゃうんですが、「11」は、最新作にして最高傑作だと思ってるので、本当に今までのファンの方はもちろんですけどこれをきっかけにまた知って貰う人が増えるようなアルバムになれば良いと思っています。本当に自信ありです!

― 「11」は、ハイレゾ版とCD版が発売されますよね。

(杉山) : 比べるのもなんですが、特にハイレゾ版は是非、このヘッドホンで聴いて頂きたいです。

― 本日は、貴重なお話をありがとうございました。

PARSMATCH

パリス・マッチ

ボサノヴァ、ジャズ、ソウル、クラブミュージックのエッセンスが溶け込んだ杉山洋介による上質な楽曲と、ミズノマリのクールな歌声が魅力のユニット。 その楽曲はさまざまなテレビCMや番組に採用され、国内外でのライブやミュージックイベント出演も精力的にこなし多くのファンを魅了し続けている。 デビュー15周年を迎える今年2015年12月16日、3年ぶりとなる待望の11枚目のアルバム「11」を発売。※アルバム収録曲「Killing you」はKH-KZ3000コンセプトソングとなっています。

オフィシャルサイト
Twitter

Paris match デビュー15周年記念、通算11枚目のフルアルバム「11」リリース

Paris match デビュー15周年記念フルアルバム「11」

「11」VICL-64486 / ¥3000+税 / Victor Entertainment
詳しくはこちら

紹介製品

KH-KZ3000 ステレオヘッドホン KH-KZ3000 KENWOODヘッドホン
スペシャルサイト

バックナンバー

TOP