MDV-L505W/L505

独自のアルゴリズムでクルマの傾斜をより正確に検知、
さらに高精細なデジタルセンサーを採用し、自車位置測位精度を向上。

「高測3Dジャイロ」

全国約140万箇所の傾斜データと
高精度デジタル3Dジャイロセンサーが連携。

彩速ナビには、インクリメントP株式会社が新しく整備した全国主要道路約140万箇所の膨大な傾斜データを格納しています。

独自のGNSS(Global Navigation Satellite System)信頼度判定処理
GNSS(Global Navigation Satellite System)信頼度判定処理

独自のアルゴリズムにより、GNSS(Global Navigation Satellite System)情報の信頼度を判定。GPS・みちびきの各衛星から受信する信頼度の高い測位情報のみを使用することで、ビル街などのGNSS(Global Navigation Satellite System)の電波が届きにくい場所でも位置ズレを軽減し、自車位置精度が向上します。

  • ※受信できる時間帯には制限があります。
  • ※季節によって受信できる時間帯は異なります。

さまざまな便利なナビケーション機能を
手軽に設定。

いつも使う機能や設定を保存
お好みで選べる「マイメニュー」

日常的によく使うお気に入りの機能や設定を「ショートカット」に、よく訪れる地点を「特別メモリ地点」に登録できる画面と、地図やAVプレーヤー画面以外に新たなエンターテイメント画面を実現した2種類の「マイメニュー」を搭載。お好みに合わせて使い分けることができます。

[マイメニュー左画面]

最大6個のショートカッキーの設定や、よく使う5件の特別メモリー地点の登録が可能です。

[マイメニュー右画面]

再生中のAV表示、案内画面を左右に配置。時計や日付などのウィジェットを表示。さらに、よく使う入力ソースを最大3個まで登録できます。

先々の分岐点を手軽に確認できる

オンルートスクロール搭載
「案内先読みガイド」

目的地までの走行ルート上に存在する交差点や分岐点をカンタンに確認することが可能な「案内先読みガイド」表示を搭載。さらに、走行ルートを表示しながらルートの確認ができるオンルートスクロールに対応しています。

目的地までの経路を意のままに設定できる

「マイルートアジャスター」

ルートを設定する際に、ドライバーの意図に合ったルートを探すことができます。有料優先、道幅優先、渋滞回避、踏切考慮、信号考慮など、さまざまな条件について優先度を設定でき、ルート探索に反映されます。

分岐点までの残距離をわかりやすく案内。

新「ここです案内」表示

初めて行く場所や複雑な道など、不安な道でも安心な「ここです案内」を搭載。次にある曲がるポイントや分岐点までの「残距離」をわかりやすく画面表示でカウントダウンします。ポイントに近づくとイラストでわかりやすく表示します。

  • ※一般道:約300m手前から表示されます。高速道路:約1.2km手前から表示されます。

ポイントに近づくにつれ青いメモリが右から減り、直前になるとイラスト表示に切り替わります。

自車周辺の詳細地図をすばやく確認できる

「ワンタッチルーペ」

地図上の自車位置マークを軽くタップすると、自車周辺の拡大地図がルーペ表示され、すばやく詳細に地図を確認できます。

道幅が分かりやすい。高速スクロールにも対応。

100m詳細図表示

従来の100m地図は線画のみの表現でしたが、MDV-L505W/L505は100m詳細図表示に対応。実際の道幅がわかりやすく、また、一方通行、交差点名、施設なども表示されるので使いやすく、しかも圧倒的な美しさを実現しています。さらに、彩速ナビならではの高速スクロールにも対応しています。

  • ※線画表示の選択も可能。

交差する道路も下の道路を透かして立体的に表現しています。

500mスケール表示に対応。

ランドマークアイコン表示

従来の200mスケールに加え、より広域な500mスケールにも対応。表示するランドマークは、表示/非表示の設定や、ジャンルの選択、ブランドの指定も可能です。

  • ※500mスケール表示に対応しているのはコンビニエンスストア/ファミリーレストラン/ファーストフード/ガソリンスタンドのランドマークアイコンです。

検索結果がピンで表示されて一目瞭然。

ピンドロップ周辺検索

周辺検索を実行すると、検索結果を地図上にピンドロップ(該当する地点にピンが刺さる表示形式)で強調表示します。このピンにタッチして目的地を選択すると、ルート探索を開始します。

このピンを選択(タッチ)する。

「目的地にする」を選択(タッチ)するとルート探索が始まります。

関連情報

ページトップへ戻る