CMOS-C320

前後方向に高い視認性を確保。

マルチビュー車載カメラ

従来モデルより感度が向上したCMOSセンサーを搭載し、バランスのとれた自然な描画を実現。
対応のナビと接続することでナビ本体のタッチパネルでさまざまな操作をすることができます。また、4つのビューモードに切り替えが可能。駐車アシストのためのガイド線表示や、フロントビューカメラとして使用も可能な正像への切り替えができます。

豊富な画面表示

4つのビューモード搭載

水平画角約195度を実現した「ウルトラワイドビュー」をはじめ、真上から見下ろすような視点の「俯瞰ビュー」など4つのビューモードから選択が可能。

太陽などの光にジャマされない

スミアノイズのない画像

CMOSセンサーの採用によって、太陽などの強い光によって上下に光の線が入るスミアノイズが発生しません。

鏡像・正像の切り替えが可能

フロントビューカメラ対応

ルームミラーと同じ方向でみえる鏡像と、フロントビューカメラとして使用する際の正像へ切り替えが可能です。

超高感度CMOSセンサーとレンズの高性能化による

業界最高水準の暗視能力

最低被写体照度0.9ルクスに対応し、バックランプの明かりだけでも夜間の後方確認が 可能です。

劣悪な環境にも対応

業界最高水準の防塵・防水性

IP67相当の防塵・防水性を実現。劣悪な環境となる車外取り付けに対応しています。
※当社内測定による実力値

  • ※各ビューモードでは、駐車をサポートするための映像処理を常に実施した状態での映像表示となるため、映像自体が多少粗く表示されます。
  • ※リアでの取り付けはガーニッシュ部を推奨しますが、取り付け地上高は50cm以上、120cm以下の範囲内でなければ適した映像が表示できない可能性があります。
  • ※フロントカメラとして使用する場合は、配線はなるべくエンジンルームの高温部を避けた所を這わすようにしてください。もしくは、別途市販品の耐熱チューブ等をご利用の上、配線を行なってください。
  • ※ブラケットは必要に応じてビス止めを行なってください。ただし、その場合は、ボディへの加工はお客様の責任で行なってください。当社では、それによる車両のサビ、破損など一切の責任は負いません。