TS-990シリーズ取り扱い説明書

※タッチ操作でスクロールして表の全体をご確認いただけます。
一般仕様
送信周波数範囲 160m band 1.810〜1.825MHz, 1.9075〜1.9125 MHz
80m band 3.500〜3.575MHz, 3.599〜3.612MHz, 3.680〜3.687MHz,
3.702〜3.716MHz, 3.745〜3.770MHz, 3.791〜3.805MHz
非常連絡設定周波数 4,630kHz
40m band 7.0〜7.2MHz
30m band 10.1〜10.15MHz
20m band
14.0〜14.35 MHz
17m band 18.068〜18.168MHz
15m band 21.0〜21.45MHz
12m band 24.89〜24.99MHz
10m band 28.0〜29.7MHz
6m band 50.0〜54.0MHz
受信周波数範囲 0.13〜30 MHz, 50〜54MHz※1
(VFOは30kHz〜60MHzを連続動作)
電波型式 A1A(CW),A3E(AM),J3E(SSB),F3E(FM),
F1B(FSK),G1B(PSK)
周波数安定度 ±0.1ppm 以内 (0℃〜+50℃)
アンテナインピーダンス 50Ω
アンテナチューナー整合範囲 16.7〜150Ω
標準電源電圧 AC 100V ±10 % (50/60Hz)
消費電力 送信時最大 720VA 以下
受信時(無信号時) 120VA 以下
使用温度範囲 0℃〜+50℃
外形寸法 突起物含まず W460 x H165 x D400 mm
突起物含む W460 x H182 x D449 mm
フロント足 高位置時 H201mm(前面パネル)、 H173mm(背面パネル)
質量 24.5kg


※タッチ操作でスクロールして表の全体をご確認いただけます。
送信部
定格送信出力 CW/SSB/FSK/
PSK/FM(AM)
TS-990S:200W(50W)
TS-990D:50W(50W)
変調方式 SSB:平衡変調, AM:低電力変調,
FM:リアクタンス変調
最大周波数偏移(FM) ワイド:±5kHz以下、ナロー:±2.5kHz以下
送信スプリアス HF(高調波):-60dB以下
HF(スプリアス領域):-50dB以下
50MHz帯(50W超):-66dB以下
50MHz帯(50W以下):-60dB以下
搬送波抑圧比 60dB以上
不要測波帯抑圧比 60dB以上
送信周波数特性 -6dB以内(300〜2700Hz)
マイクロホンインピーダンス 600Ω
XIT可変範囲 ±9.999kHz


※タッチ操作でスクロールして表の全体をご確認いただけます。
受信部
受信方式
Main Sub1※2 Sub2※3
ダブル
スーパーヘテロダイン
ダブル
スーパーヘテロダイン
トリプル
スーパーヘテロダイン
中間周波数 第1IF
8.248MHz 11.374MHz 73.095MHz
第2IF(FM) 24kHz/(455kHz) 24kHz 10.695MHz
第3IF(FM) - - 24kHz/(455kHz)
受信感度
(TYP)
SSB、CW、
FSK、PSK
(S/N 10dB)
-6dBμ (0.5μV) (0.13〜0.522MHz)
12dBμ (4μV) (0.522〜1.705MHz)
-14dBμ (0.2μV) (1.705〜24.5MHz)
-18dBμ (0.13μV) (24.5〜30MHz)
-18dBμ (0.13μV) (50〜54MHz)
AM
(S/N 10dB)
16dBμ (6.3μV) (0.13〜0.522MHz)
30dBμ (32μV) (0.522〜1.705MHz)
6dBμ (2μV) (1.705〜24.5MHz)
2dBμ (1.3μV) (24.5〜30MHz)
2dBμ (1.3μV) (50〜54MHz)
FM
(12dB SINAD)
-13dBμ (0.22μV) (28〜30MHz) 
-13dBμ (0.22μV) (50〜54MHz)
イメージ妨害比(50MHz) 70dB(60dB)以上
中間周波数妨害比 70dB以上
選択度 SSB
(LO:200/HI:2800Hz)
2.4kHz以上 (-6dB)
4.4kHz以下 (-60dB)
CW/FSK/PSK
(WIDTH:500Hz)
500Hz以上 (-6dB)
1.2kHz以下 (-60dB)
AM
(LO:100/HI:3000Hz)
6.0kHz以上 (-6dB)
12kHz以下 (-50dB)
FM 12kHz以上 (-6dB)
25kHz以下 (-50dB)
RIT可変範囲
±9.999kHz
ノッチフィルター減衰量 60dB以上(Auto), 70dB以上(Manual)
ビートキャンセル減衰量
40dB以上
低周波出力
1.5W以上 (8Ω)
低周波出力インピーダンス

測定はJAIAが定めた測定方法によります。
※1 メインバンド : スペック保証は1.8MHz帯〜50MHz帯のアマチュアバンドのみ。
※2 1.8/3.5/7/14/21MHz帯で、IF帯域幅が2.7kHz以下のとき(SSB/CW/FSK/PSK)。
※3 上記※2以外のとき。


本機はメインバンドとサブバンドの周波数の組合せにより、アマチュアバンド受信時に内部ビートが発生する場合があります。また、バンドスコープ(ウォーターフォール)に受信信号以外のスプリアス信号を表示する場合があります。20W(30MHz以下は10W)を超えるアマチュア無線局の申請には、第3級アマチュア無線技士以上、50Wを超える場合は、第2級アマチュア無線技士以上、200Wを超える場合は第1級アマチュア無線技士以上の資格が必要です。また第3級アマチュア無線技士の資格で、最高出力50W (100W/50W切り換え可能機を含む)を超える機器を使ってのアマチュア無線局の申請はそのままでは申請することができませんのでご注意ください。本無線機器の本体には電波法に基づく技術基準適合証明等を取得した表示(技適マーク)がついています。