TS-2000シリーズ

主な定格

※タッチ操作でスクロールして表の全体をご確認いただけます。
一般仕様
周波数範囲
(メインバンド)
160mバンド 1.810~1.825、
1.9075~1.9125MHz
80mバンド 3.500~3.575MHz、
3.599~3.612MHz、
3.680~3.687MHz
3.702~3.716MHz、
3.745~3.770MHz、
3.791~3.805MHz
非常連絡
設定周波数
4,630kHz 40mバンド 7.0~7.2MHz
30mバンド 10.1~10.15MHz 20mバンド 14.0~14.35MHz
17mバンド 18.068~18.168MHz 15mバンド 21.0~21.45MHz
12mバンド 24.89~24.99MHz 10mバンド 28.0~29.7MHz
6mバンド 50~54MHz 2mバンド 144~146MHz
70cmバンド 430~440MHz 23cmバンド 1,260~1,300MHz
(TS-2000SX、VXのみ)
(サブバンド) 2mバンド 144~146MHz 70cmバンド 430~440MHz
受信周波数
範囲
メインバンド 0.5~30MHz、50~54MHz、144~146MHz、
430~440MHz、1,260~1,300MHz
(VFOは30kHz~60MHzを連続で動作します。)
サブバンド 144~146MHz、430~440MHz
電波型式 J3E、A1A、F1D、F2D、F3E、 A3E以上メインバンド
F1D、 F2D、 F3E、 A3E以上サブバンド
周波数安定度
(-10℃~+50℃)
±0.5×10-6以内(±0.5ppm):メインバンドFM送信以外
±0.5×10-6に対して±2kHz:メインバンドFM送信
±0.5×10-6に対して±600Hz:サブバンド
アンテナインピーダンス 50Ω
アンテナチューナ整合範囲 16.7~150Ω(1.9~50MHz帯)
電源電圧 DC13.8V±15%
接地方式 マイナス接地
消費電力(送信時最大)
※受信時は2.6A以下
(無信号時)
TS-2000V TS-2000VX TS-2000S TS-2000SX
HF帯 12A以下12A以下20.5A以下20.5A以下
50MHz帯 12A以下12A以下20.5A以下20.5A以下
144MHz帯 12A以下12A以下18A以下18A以下
430MHz帯 15A以下15A以下18A以下18A以下
1,200MHz帯 10A以下10A以下
使用温度範囲 -10℃~+50℃
寸法(幅×高さ×奥行)mm 270×96×317(281×107×371:突起物を含む最大寸法)
質量 約7.8kg(TS-2000S、V) 約 8.2kg(TS-2000SX、VX)

※タッチ操作でスクロールして表の全体をご確認いただけます。
送信部
送信出力
※()内はAMモード
144MHZ帯は月面反射運用のために100W機に変更可能
※Sタイプ、Vタイプは購入後1200MHzユニットをバージョンアップすることができます(有料)。
詳しくはJVCケンウッドサービスセンターにお問い合わせ下さい。
HF 50MHz 144MHz 430MHz 1200MHz
TS-2000S 100W
(25W)
100W
(25W)
50W
(25W)
50W
(12.5W)
後付可能
TS-2000V 10W
(5W)
20W
(5W)
20W
(5W)
20W
(5W)
後付可能
TS-2000SX 100W
(25W)
100W
(25W)
50W
(25W)
50W
(12.5W)
10W
(2.5W)
TS-2000VX 10W
(5W)
20W
(5W)
20W
(5W)
20W
(5W)
10W
(2.5W)
変調方式 SSB:平衡変調 FM:リアクタンス変調 AM:低電力変調
最大周波数偏移(FM) ±5kHz以下(ワイド)±2.5kHz以下(ナロー)
搬送波抑圧比 50dB以上(SSB)
不要側波帯抑圧比 50dB以上(SSB)
送信周波数特性 400~2,600Hz(-6dB以内)
マイクロホンインピーダンス 600Ω
XIT可変範囲 ±20.00kHz

※タッチ操作でスクロールして表の全体をご確認いただけます。
受信部
受信方式 メインバンド:クォードラプルスーパーヘテロダイン
(FMはトリプルコンバージョン)
サブバンド:ダブルコンバージョン(FM、AM)
中間周波数 第1IF 69.085または75.925MHz(HF~50MHz帯)、
41.895MHz(144、430MHz帯)、
135.495MHz(1,200MHz帯)、
(サブ:58.525MHz)
第2IF 10.695MHz、(サブ:455kHz)
第3IF 455kHz
第4IF 12.0kHz
受信感度 SSB、CW、FSK
(SN10dB)
12dBμ(4μV)以下(0.5~1.705MHz)
-14dBμ(0.2μV)以下(1.705~24.5MHz)
-18dBμ(0.13μV)以下(24.5~30MHz、50~54MHz)
-19dBμ(0.11μV)以下
(144~146MHz、430~440MHz、1,260~1,300MHz)
AM
(SN10dB)
30dBμ(31.6μV)以下(0.5~1.705MHz)
6dBμ(2μV)以下(1.705~24.5MHz)
2dBμ(1.3μV)以下(24.5~30MHz、50~54MHz)
0dBμ(1.0μV)以下
(144~146MHz、430~440MHz、1,260~1,300MHz)
ただしサブバンドは4dBμ(1.55μV)以下
(144~146MHz、430~440MHz)
FM
(12dB
SINAD)
-13dBμ(0.22μV)以下
(28~30MHz、50~54MHz)
-15dBμ(0.18μV)以下
(144~146MHz、430~440MHz、1,260~1,300MHz)
ただしサブバンドは-11dBμ(0.28μV)以下
(144~146MHz、430~440MHz)
スケルチ感度 SSB、CW、
FSK、AM
25dBμ(18μV)以下(0.5~1.705MHz)
5dBμ(1.8μV)以下(1.8~28.7MHz)
1dBμ(1.1μV)以下
(50~54MHz、144~146MHz、430~440MHz、1,260~1,300MHz)
FM -14dBμ(0.2μV)以下(28~30MHz、50~54MHz)
-20dBμ(0.1μV)以下
(144~146MHz、430~440MHz、1,260~1,300MHz)
ただしサブバンドのAMは1dBμ(1.1μV)以下
(144~146MHz、430~440MHz)
ただしサブバンドのFMは-15dBμ(0.18μV)以下
(144~146MHz、430~440MHz)
イメージ妨害比 70dB以上(メインバンド)、60dB以上(サブバンド)
中間周波妨害比 70dB以上(メインバンド)、60dB以上(サブバンド)
選択度 SSB、
CW-W、
AM、FM
メイン2.2kHz以上(-6dB)、4.4kH以下(-60dB)
AM メイン6.0kHz以上(-6dB)、12.0kHz以下(-50dB)
サブ12.0kHz以上(-6dB)、25.0kHz以下(-50dB)
FM メイン12.0kHz以上(-6dB)、25.0kHz以下(-50dB)
サブ12.0kHz以上(-6dB)、25.0kHz以下(-50dB)
RIT可変範囲 ±20.00kHz
ノッチフィルター減衰量 30dB以上(1kHz)
ビートキャンセル減衰量 40dB以上(1kHz)
低周波出力 1.5W以上(8Ω 10%歪)
低周波出力インピーダンス 4~8Ω
※測定はJAIAで定めた測定方法によります。
※20Wを超えるアマチュア無線局の申請には、第3級アマチュア無線技士以上、50Wを超える場合は、第2級アマチュア無線技士以上、200Wを超える場合は第1級アマチュア無線技士以上の資格が必要です。また第3級アマチュア無線技士の資格で最高出力50W(100W/50W切り換え可能機を含む)を越える機器を使ってのアマチュア無線局の申請はそのままでは申請することができませんのでご注意ください。各機種ともJARL登録機種または技術基準適合証明取得機種ですから、アマチュア局の申請時にはJARL登録機種は登録番号もしくは機種名を保証認定願に、技術基準適合機種は技術基準適合番号を記載することによって送信機系統図を省略することができます。