TS-2000シリーズ

取り扱い説明書
MDV-Z701W
MDV-Z701W

HF/50/144/430MHz
マルチバンダー

TS-2000S 希望小売価格288,000円(税抜き)

技術基準適合証明取得機種

TS-2000V 希望小売価格288,000円(税抜き)

技術基準適合証明取得機種

HF/50/144/430/1200MHz
マルチバンダー

TS-2000SX 希望小売価格348,000円(税抜き)

技術基準適合証明取得機種

TS-2000VX 希望小売価格348,000円(税抜き)

技術基準適合証明取得機種

※TS-2000S/Vからの1200MHzバージョンアップをJVCケンウッドカスタマーサポートセンターで行うことができます(有料)

製品概要

コンパクトなボディの中にテクノロジーを凝縮させたHF/VHF/UHFオールインワンモデルです。アマチュア無線で主に使用される周波数帯と電波型式を幅広くカバーし、DX QSOやサテライト通信からローカルラグチューまで多彩な運用が楽しめます。受信・復調の心臓部としてIF DSPを採用。DSPはHFのみならずV/UHFでも効果を発揮します。また、コンパクトなボディの中にはプリセット可能なオートアンテナチューナー(HF/50MHz)を内蔵。さらに周波数安定度±0.5ppmのTCXOを標準装備し、サブバンドには144/430MHzの受信部を搭載(FM/AMモードのみ)。メインバンドと組み合わせることにより2波同時受信が可能になります。

操作性の追求から生まれた3次元パネルデザイン。マルチバンダーを簡単操作。

パネル面を人間の視線にきわめて自然に対峙させる傾斜したフロントパネルには、夜間の操作性を高めるキーイルミネーションを設けました。大型のLCDディスプレイはメインバンドとサブバンドをクリアに表示。HFからV/UHFまでのアマチュア・バンドを縦横無尽に操作できます。

HFから50MHzまで100Wのハイパワー。本格的なDX QSOに威力を発揮。

※出力は製品グレード、使用バンドによって変化します。詳しくは下表をご覧下さい。

*( )内はAMモード *144MHzは月面反射運用のために100Wに変更可能/Sタイプ、Vタイプは購入後1200MHzユニット追加のバージョンアップをする事ができます(有料)。詳しくはJVCケンウッドカスタマーサポートセンターにお問い合せ下さい。

サブバンドに144/430MHzの受信部を搭載。2波同時受信が可能。

メインバンドHF/50/144/430/1200MHzをオールモードで送受信可能。サブバンドは144/430MHzの受信が可能(FM/AMモードのみ)。組み合わせにより、HF/50by144/430、144by144、430by430の2波同時受信が可能になります。例えば144/430MHzバンドでローカルの情報を取りながら、HF運用をバックアップするといったことが可能。またサブバンドを生かし、パケットクラスターチューン機能も設けました。

IF DSPを搭載。V/UHFを含むマルチバンドで威力を発揮。

16bitDSPチップを2基使用し、100MHzの高クロック動作で、32bitデータ処理と等価な倍精度演算を実現しました。さらに24bit分解能のAD/DAコンバーターも採用することで、アナログ機とは一線を画す性能のIF DSPをメインバンドに搭載。またサブバンドにはAF DSPを採用。HFはもちろんのこととして、V/UHFにおいてもDSPの効果が味わえます。さらにメインバンドでは送信時の変調、受信時の検波をはじめとしてIFフィルター、スロープチューン、オートノッチ、AGCに至るまでIF段の処理をすべてDSP化。特にIFフィルターのDSP化により、クリスタルフィルターと比較して、より高い帯域可変の自由度とシェープファクターの精度を実現しました。

デジタルIF AGC

無線機のIFやオーディオなど広いダイナミックレンジが求められる用途においても十分な理論値144dBのデジタルIF AGCで高い性能を引き出せます。また、運用モードごとに好みに合わせた適切なリリースタイムを20段階の中から自由に設定可能。IF DSP処理ですから高速度リリース特性が得られます。

IFフィルター帯域可変

DSPフィルターの帯域を可変し、用途や状況に応じた混信除去に対応。S S B / A M /FMモードではHICUT/LO CUT(FMモードはAF DSP)、CWモードではWIDTH/SHIFT、F SKモードではWIDTH 機能として動作します。

IFオートノッチ

AGCループ内のIFノッチであるため、オートノッチをONすることによってビートに自動同調。ビートにより振れていたSメーターが下がり、ビートの影に隠れていた信号が浮かび上がってきます。また、このIFオートノッチはビートの周波数変化に追従し減衰させることもできます。この時、自動可変されるフィルターの特性はIF DSP処理されるため、マニュアルでは調整できないほどシャープ。高い排除特性が得られます。さらにオートノッチの追従速度は追従固定もふくめて5段階で調整できます(メインバンドSSBモードのみ)。

ノイズリダクション

SSB運用に適したラインエンハンサー方式のNR1と当社独自のSPAC方式のNR2、2つのノイズリダクションを装備。①NR1(ラインエンハンサー方式):メインバンド(FM以外)のオールモードとサブバンドのFM/AMモー ドで動作。音声の周波数成分が通過できるようにフィルターを形成。ノイズの中から目的信号を浮かび上がらせます。このNR1はオート/1~9と10段階(メインバンドのみ)の設定が可能(ただしサブバンドはオートのみ)。 ②NR2(SPAC方式):メインバンドのオールモードで動作。ラインエンハンサーはフィルターであるため音声信号の中のノイズは抑圧できません。しかしSPACの場合は目的信号と同じ周波数の雑音も抑圧するためCW運用に効果的。相関時間を2~20mSまで2mSステップで10段階に選択可能(メインバンドSSB/CW/AM/FSKのみ)。




AF DSPにより効果的なビート除去

IFオートノッチがひとつの強力なビートに効果的であるのに対して、ビートキャンセルは比較的弱い複数のビートに効果を発揮します。IFオートノッチと同時使用も可能であり、使い分けることにより、さらに効果的なビート除去が可能(メインバンドSSB/AMモードのみ)。

MBC(マニュアル・ビート・キャンセル)を搭載

IFオートノッチやビートキャンセル機能はSSBモードでのビート除去に効果的なのに対してTS-2000ではCW運用においても任意のビートを除去すできるようにマニュアルビートキャンセルを設けました。マニュアルノッチとして動作するM B C は目的のC W 信号以外のビート除去に効果的です。

送受信の音質も自在な送信・受信イコライザー

送信・受信イコライザーはいずれも5種類の中から送受信音質が選択可能(SSB/FM/AMのみ)。①ハイブースト②フォルマントパス(人の音声帯域以外の周波数成分を減らして了解度を上げる) ③バスブースト ④コンベンショナル(低域をゆるやかに減衰させる、アナログ機のような特性) ⑤USER(デフォルトはフラットですがオプションのARCP-2000を利用してオリジナルの設定が可能)。その他、送信音声周波数特性を切り替えるボイスイコライザー(SSB/AMのみ)や了解度を上げるスピーチプロセッサーも搭載します(SSB/FM/AM)。

VOXもDSP処理

DSP処理により、音声の識別精度が向上し、声以外のノイズによる誤送信を減らし、快適なVOX運用を実現。VOXのディレイタイムは150ms~3000msの範囲で、VOXゲインコントロールも10段階で設定が可能です。

サテライトモード、オートアンテナチューナーコンパクトなボディに数々のテクノロジーを凝縮。

オートアンテナチューナー内蔵

IFオートノッチがひとつの強力なビートに効果的であるのに対して、ビートキャンセルは比較的弱い複数のビートに効果を発揮します。IFオートノッチと同時使用も可能であり、使い分けることにより、さらに効果的なビート除去が可能(メインバンドSSB/AMモードのみ)。

サテライトモード

サテライトモードには専用の操作モードを搭載。送受信はメインバンド側の回路を使用するため、IF DSPの性能をそのまま発揮します。またアップリンク周波数やダウンリンク周波数もあらかじめ設定したシフトでトレースし、大型LCDで個別表示可能です。さらにサテライト専用の10チャンネル・メモリー(メモリーネーム対応)を搭載。ドップラーシフトやリバーストレースにも対応します。




● サテライト運用はオールモードにて下記の組み合わせで可能

*本機では回路構成上の理由により4 3 6 . 2 1 0 M H z 、および436.800MHz付近で内部ビートが発生します。そのため、一部アマチュア衛星の受信などで支障をきたす場合があります。

CW運用をサポートする機能も充実。

CWオートチューン

CW運用時、相手局の信号を受信中にボタンを押すだけで自動的にゼロイン。RIT動作時はRIT周波数に対してチューニングします。

その他のCW機能

●フルブレークイン/セミブレークインをサポート(セミブレークインディレイタイム50ms~1000ms)
●エレクトロニックキーヤー
●SSBモード時にKEYダウンするだけでCWに自動的に切替わるCW自動送信機能

モービルコントローラー、PCコントロールソフト。
新機軸にも対応する多機能モデル。

オプションのモービルコントローラーRC-2000に対応

コンパクトなモービルコントローラー(別売)で本体を操作することができます。本体をトランク部などに設置して、クルマのダッシュボードなどにコントローラを設置。IF DSP機による本格的なH F 、V /UHFモービルが楽しめます。

オプションのラジオコントロールプログラムARCP-2000で、PCによる本体コントロールも可能

PCによるコントロールを実現。メモリーチャンネルの編集や、ビジュアル化された信号のクリックでQSYが可能なビジュアルスキャン等、より快適な運用が可能です。

その他の機能

  • パケットクラスターチューン
  • PC接続用端子
  • 接続するRTTY装置に合わせKEY極性とハイトーン/ロートーン切換え
  • FSKリバース
  • 38波のCTCSS
  • DCS(デジタル・コード・スケルチ)
  • 1200MHz ALT
  • スピーカー出力切換
  • 送信モニター
  • ノイズブランカー
  • TF-SET
  • メモリーネーム対応の周波数メモリー(最大300チャンネル)
  • 9600bpsの高速パケットに対応
  • 音声録音DRU-3Aに対応(オプション)