• 2017年3月10日

ARIB STD-T116準拠のSCPC/4値FSK方式に対応

「市町村向け移動系デジタル防災行政無線システム」を新発売


株式会社JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより、ARIB STD-T116準拠のSCPC/4値FSK方式に対応した「市町村向け移動系デジタル防災行政無線システム」を3月中旬より発売します。

無線統制局から移動局まで、使用環境に合わせた柔軟なシステム構築を可能にする多彩な構成商品をラインアップします。

※:一般社団法人電波産業会(Association of Radio Industries and Businesses)が定めた、通信・放送分野における無線設備の標準規格。 平成27年12月3日策定。



●企画背景と製品の概要

防災行政無線は、文字/データ等の伝送、双方向通信、あるいは通信エリアの拡大など、多様化する通信ニーズへの対応や平常時の有効活用などが求められていることからデジタル方式の導入が進んでいます。特に災害時に現場から情報収集などをするために、車載型や携帯型の移動局で市町村役場等と通信する、あるいは移動局同士で通信を行う移動系防災行政無線においても、国が周波数の一層の有効活用を目的に、アナログ方式からデジタル方式に移行する市町村等を対象とした支援事業を行うなど、デジタル化の促進を図っています。

当社は、150MHz帯または400MHz帯の市町村向け移動系アナログ防災行政無線システムを販売してきましたが、今まで培ってきたデジタル無線技術を生かして、この度デジタル方式への移行に対応する、ARIB STD-T116準拠の260MHz帯「市町村向け移動系デジタル防災行政無線システム」を発売します。

本システムは、4値FSK方式の採用により、従来のπ/4シフトQPSK方式に比べて比較的低コストでシステム構築が可能なため、既存システムからの入れ替えに際しても費用負担を抑えます。市町村役場等に設置する統制局、基地局と、移動局の半固定型、車携帯型、車載型、および携帯型までに対応。多彩な構成商品をラインアップし、地域ごとのさまざまな使用環境に柔軟に対応します。


●「市町村向け移動系デジタル防災行政無線システム」の主な特長

1.ARIB STD-T116に準拠し、低コストで導入が可能 

ARIB STD-T116に準拠しているため、従来のπ/4シフトQPSK方式に比べて比較的低コストで導入が可能です。また、同一規格の設備を導入している近隣市町村との応援通信にも対応します。


2.多彩なオプションの装着により移動局に対応するさまざま運用形態に対応

移動局用無線機には、オプションの装着により半固定型、車携帯型、車載型、携帯型といった、さまざまな運用形態に対応します。また、携帯型無線機は防塵防水性能(IP54/55/67)を搭載。過酷な条件下での運用が可能です。


  • 「半固定型オプション装着時」
    「半固定型オプション装着時」
  • 「車載型アダプター装着時」

    「車載型アダプター装着時」


3.遠隔制御装置には高い操作性の液晶タッチパネルを採用

「遠隔制御装置」

「遠隔制御装置」

複数基地局にも対応する遠隔制御装置にはカラー表示の液晶タッチパネルを採用し、操作性と視認性を両立させました。


4.スリムラック対応の基地局無線装置による冗長構成が可能

基地局無線装置はスリムラックに対応し、冗長構成をとることにより、故障発生時でも運用の継続が可能です。



「スリムラック搭載イメージ」

●主な無線装置

品名 型番 希望小売価格(税抜き) 発売時期
基地局無線装置 TCB-D609DP オープン価格 3月中旬
車載局無線装置 TCM-D606DP
携帯局無線装置 TCP-D605DP


「2周波半複信システムイメージ」






本件に関するお問い合わせ先

【報道関係窓口】
株式会社JVCケンウッド 企業コミュニケーション統括部 広報・IR・SR部
TEL : 045-444-5310 〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地
【お客様窓口】
株式会社JVCケンウッド 国内無線システム営業部 公共社会グループ
TEL : 045-443-3123 〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地

<本資料の内容は報道発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。>

JVC KENWOOD
※株式会社JVCケンウッド、日本ビクター株式会社、株式会社ケンウッド、J&Kカーエレクトロニクス株式会社の4社は2011年10月1日をもって合併し、株式会社JVCケンウッドとなりました。

www.jvckenwood.com


Home Back