2007年3月2日
カーエレクトロニクス
新製品案内
プレステージカーオーディオ創立60周年記念「TRIOモデル」を期間限定発売
当社音質マイスターが厳選した超高性能部品を採用するとともに手作り加工を施すことで
究極の原音再生性能と最高峰の品格を実現
 株式会社ケンウッド(社長:河原 春郎、本社:東京都八王子市)は、創立60周年記念キャンペーンの一環として「TRIOモデル」の商品化を進めていますが、このたびその第三弾として、長年培われた当社ならではの高音質技術と、音質マイスター*が厳選した超高性能部品をふんだんに採用し、量産モデルでは困難な手作りによる加工を施すことで、究極の「原音再生」性能と最高峰の品格を兼ね備えたプレステージカーオーディオ「TRIOモデル」を期間限定で発売いたします。

*音質マイスター・・・当社の音質最高責任者
品名および型番 販売価格
(本体価格)
お申し込み受付期間
CDチューナー「K-TR10D」+モノラルアンプ「K-TR10A」4台 598,500円
(570,000円)
4月2日~5月31日
CDチューナー「K-TR10D」+モノラルアンプ「K-TR10A」2台 367,500円
(350,000円)
4月2日~5月31日
*
販売価格はすべて消費税込みの価格です。
* CDチューナーおよびモノラルアンプの単品販売はいたしません。
* 価格には全て取付費は含まれておりません。
K-TR10D
K-TR10D
K-TR10A
K-TR10A
創立60周年記念「TRIOモデル」のコンセプト
 当社は創立60周年記念キャンペーンの一環として、創業以来のコアコンピタンスである「音」と「無線通信」のそれぞれの分野で60周年記念モデルを商品化することを決め、昨年7月にはアマチュア無線機オールモード・マルチバンダー「TS-2000S(ブラックバージョン)」を、12月にはプレステージピュアオーディオ「K-TR60」を発売し、大きな反響をいただきました。
 そしてこのたび、カーエレクトロニクス機器の分野において、当社の音の最高責任者である音質マイスターが、設計から部品の選定にまで徹底してこだわったプレステージカーオーディオ創立60周年記念「TRIOモデル」を期間限定で発売します。
音質マイスターより皆様へ
 私が製品の音を決めるにあたって最も重要であると考えていることは、「限りなく自然な音の再現」です。言いかえれば「無個性への挑戦」ということであり、言葉にするのは簡単なものの、技術者にとって、もっとも困難で、かつ究極のテーマなのです。当社の創業60周年にあたって、それを徹底的に突き詰めた、言わば「究極の無の個性」に挑戦いたしました。

  開発にあたっては、当社が長年培ってきたノウハウと最新テクノロジーを結集して、回路設計から回路レイアウト、厳選した部品レイアウトの最適化を行うだけでなく、性能を左右する要所はすべて超高性能部品で構成するなど、記念モデルにふさわしい究極のモデルとするために一切の妥協を排して、性能、音質を追求しました。

  音楽の音は、再生機器が「作る」ものではなく、演奏者が「創る」ものです。その音を余すことなく、ありのままに再現するために、限りなく「ゼロ個性」で「特徴がないという特徴」をめざした「TRIOモデル」で、音楽の心地よさ、暖かさを楽しんでいただきたいと思います。
株式会社 ケンウッド 音質マイスター 大熊 龍彦
【TRIOロゴ】
創立60周年記念「TRIOモデル」の概要
 プレステージカーオーディオ「TRIOモデル」は、CDチューナー「K-TR10D」とモノラルアンプ「K-TR10A」で構成され、お客様に特別な満足をお届けできるよう、音質マイスターが一切の妥協を排して回路の設計から部品の選定まで行うことで、究極の「原音再生」性能を実現するとともに、手作り加工を施すことにより最高峰の品格を兼ね備えました。
  基板には、高周波特性に優れた低誘電率PPE基板を採用することで、歪みが少なくクリアな音質を実現。また、優れた超広帯域ハイスルーレート・オペアンプを採用することにより、高分解能な音質を実現しました。さらに、入力信号と入力GNDの入力回路を完全対称型とするとともに、超高精度抵抗を採用することで、温度変化に対しても優れたアイソレーション特性を可能とします。
  「CDチューナー+モノラルアンプ4台」の組み合わせと「CDチューナー+モノラルアンプ2台」の組み合わせの2種類をご用意し、お車のスピーカー数に応じて選択いただける仕様といたしました。
  この特別な製品を一人でも多くのお客様に試聴していただくため、発売に先駆けて、3月5日(月)より弊社ショールーム「ケンウッドスクエア丸の内」に展示いたします。(スクエア丸の内では各種イベントを開催することがありますので、あらかじめ電話でのご試聴の予約をお願いいたします)
ケンウッド スクエア丸の内
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1階
TEL:03-3213-8775 FAX:03-3213-7400
販売方法
 弊社カスタマーサポートセンターで受付を行う、期間限定発売とさせていただきます。
ご注文およびお問い合わせ先
ケンウッド カスタマーサポートセンター
TEL: 0570-010-114(ナビダイヤル) 携帯電話・PHS・IP電話:045-933-5133
お申し込み受付期間:2007年4月2日(月)~2007年5月31日(木) (期間限定)
ご注文方法
カスタマーサポートセンターにご連絡いただいた後、郵便およびFAXによるご注文となります。
詳しくは、カスタマーサポートセンターへお問い合わせください。
* 詳細については、当社ホームページ(http://www.kenwood.co.jp/products/car_audio/60th/)でもご案内しています。
* お車への取り付けにつきましては、カスタマーサポートセンターまでお問い合わせください。
* 本商品のお客様への納品は、限定生産の為、ご注文をいただいてから約2ヵ月後となります。
* 販売につきましては、CDチューナーとモノラルアンプ2台もしくは4台のセット販売のみとさせていただきます。単品でのお取り扱いはございませんので、あらかじめご了承ください。
CDチューナー「K-TR10D」、モノラルアンプ「K-TR10A」の主な特長
1. 高性能プリント基板(K-TR10D、K-TR10A共通)
抵抗やオペアンプといった部品の品質を上げていくと同時に電気信号を伝達するプリント基板の高性能化も欠かせません。今回繊細かつ、奥行き感のある音楽を再生するため、高周波特性に優れた低誘電率、低損失の高性能プリント基板を採用しました。さらに通常モデルの約3倍の銅箔を使用。携帯電話の屋外中継局にも使用され環境性能にも優れており、信号の劣化を抑え、質の高い音質を実現しています。(利昌工業株式会社製)
2. 高性能オペレーショナルアンプ(K-TR10D、K-TR10A共通)
音のリアリティを追求するためには、増幅段全般のワイドバンド化、ハイスピード化がテーマになります。今回、プリ出力部の増幅段には高性能オペアンプを採用。70MHzまでフラットな増幅特性と、1000V/μsec(100万分の1秒)という高速信号応答性能が低音から高音までリアルでハイスピードなサウンドを実現しました。(リニアテクノロジー社製)
3. 高精度抵抗器(K-TR10D、K-TR10A共通)
今回抵抗には計測器や土星探査衛星といった高安定・高精度を要求される機器に搭載されている超高精度金属箔抵抗器を採用。クリーンルームで製造され、人の手でひとつひとつの精度を調整・確認しているため、大量生産されている抵抗では実現不可能な高い精度を実現しています。また、素材にニクロム系合金箔とセラミック基板を採用することで温度特性を極小化。高い精度を幅広い温度で維持する安定性は低温から高温まで温度の変化の激しいアンプ内や車室内空間で限りなく理論値に近い動作を実現し、安定した回路動作を実現しました。(アルファエレクトロニクス社製)
4. 薄膜ポリマー積層コンデンサ(K-TR10D、K-TR10A共通)
薄膜ポリマー積層コンデンサは、ポリマーとアルミを積層構造(6,000層)としたコンデンサで、大幅な小型化を実現しながら125℃までの広い温度範囲でフラットかつ優れたESR特性をもち、従来のフィルムコンデンサに比べ体積比1/10以下と非常に小型です。(ルビコン株式会社製)
5. リアルアルミフロントパネル&銅メッキシャーシ(K-TR10D)
フロントパネルには筐体の剛性を高め、不要振動を抑える削り出しアルミパネルを採用。高級ホームオーディオにも使用されているこのパネルは、機能面はもちろん所有する喜びをも与えてくれます。また、本体を支えるシャーシには、銅メッキを採用。銅が持つ優れた伝導特性により、内部回路全体を外来ノイズから守ります。
6. New Linear TRAIT(K-TR10A)
従来のパワーアンプでは物理的に増幅素子と温度検出素子が離れているため、歪みが発生する原因になっていました。この問題を解決すべく、ケンウッドでは最新のTRAIT(高速熱反応型トランジスタ)を開発、K-TR10Aに搭載しました。リニアタイムでの熱帰還を実現することで動作点がダイナミックに追随し、低歪化を実現。音像定位が明確になり、ぼけることの無い芯のある低域を再現します。(サンケン電気株式会社製)
7. プロスペックインプットボリューム(K-TR10A)
放送局、プロ機器で使用されている高級可変抵抗器を使用しました。この製品は長年培った独自技術により開発したコンダクティブ・プラスチック抵抗板を使用しているもので、高いライフサイクル実績をもっています。(東京光音電波株式会社製)
8. 専用大型コンデンサ(K-TR10A)
忠実で力強く、ハイクオリティな音質を実現。定格は50V4700μF、プラス側、マイナス側にそれぞれ1個ずつ使用しています。パッケージには「KENWOOD 60th Anniversary」を表記しております。(エルナー株式会社製)
9. Σ(シグマ)Driveを継承するΣ(シグマ)DriveフェーズⅡを採用(K-TR10A)
Σ(シグマ)ドライブは、銘機として高い評価をいただいている超高級プリメインアンプ「L-02A」へと受け継がれたケンウッド伝統の技術です。スピーカー端子においてNFB(ネガティブフィードバック)を構成することでスピーカー端子の先端でも高いダンピングファクターを実現し、より正確なスピーカー駆動を可能としています。
10. Offset Dual Differential D/A System & Wolfson社製高音質D/Aコンバーター(K-TR10D)
音楽データをD/A変換する際に生じる変換誤差を大幅に軽減することを可能としたケンウッド独創のOffset Dual Differential D/A Systemを搭載。オリジナルの専用ICと組み合わせるD/Aコンバーターは、Wolfson社製高性能D/AコンバーターWM8740を採用。Lch・Rch左右に各1台ずつ搭載し、モノラル駆動させることでS/N比105dB、ダイナミックレンジ100dBという高スペックを実現しました。高性能D/Aコンバーターと、さらにその変換精度を向上させるOffset Dual Differential D/A Systemを組み合わせることで、精密かつ音楽性豊かなサウンドを再現します。
主な定格
■K-TR10D
CD部 周波数 10Hz~20kHz(±1dB)
S/N比 105dB(1kHz)
ダイナミックレンジ 100dB
ステレオセパレーション 90dB(1kHz)
FM部 受信周波数範囲 76.0MHz~90.0MHz(100kHzステップ)
実用感度 9.3dBf(0.8μV/95Ω)
周波数特性 30Hz~15kHz(±3.0dB)
ステレオセパレーション 35dB(1kHz)
AM部 受信周波数範囲 522kHz~1629kHz(9kHzステップ)
感度 28dBμ
TONE Bass 100Hz(±9dB)
Mid 500Hz(±9dB)
Treble 10kHz(±9dB)
電源電圧 14.4V(11~16V)
最大消費電流 3A
埋込寸法 178W×50H×160Dmm
質量 1.35kg
■K-TR10A
定格出力 80W×1(4Ω、20Hz~20kHz、0.03%THD、14.4V)
160W×1(2Ω、1kHz、0.3%THD、14.4V)
周波数特性 3Hz~50kHz(+0、-1dB)
S/N比 93dB
入力感度 175mV
入力インピーダンス 90kΩ
電源電圧 14.4V(11V~16V)
最大消費電流 18A
外形寸法 368W×158H×61Dmm
質量 4.3kg
ケンウッドは、「Mobile & Home Multimedia System」の分野で、カーエレクトロニクス、コミュニケーションズ、ホームエレクトロニクスの3事業を展開しています。そして、国内11社、海外22社の関連会社とともに、「新鮮な驚きや感動で人々に幸せな気持ちを創ろう。」というビジョンの実現をめざします。

報道・出版窓口:株式会社ケンウッド CR統括部 広報・IR室 金津
TEL: 042(646)6724 FAX: 042(646)1440 E-mail: pr.qa@kenwood.co.jp

ケンウッド スクエア丸の内 
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1階
TEL:03-3213-8775 FAX:03-3213-7400

一般顧客窓口:ケンウッドカスタマーサポートセンター
TEL:0570-010-114(ナビダイヤル) 携帯電話・PHS・IP電話:045-933-5133

Home Back