東京オートサロン2018 KENWOODブース レポート 東京オートサロン2018 KENWOODブース レポート

JVCKENWOODは、2018年1月12日(金)から14日(日)までの3日間、幕張メッセ(日本コンベンションセンター)で開催された「東京オートサロン2018」にKENWOODブースを出展しました。
会期中のKENWOODブースには、新商品の彩速ナビプレミアムモデル「TYEP Z」をはじめ、彩速ナビを核に、ドライブレコーダー、ETC2.0車載器、リアモニター、ハイレゾ対応スピーカーなどの周辺機器がリンクする「スマート連携」、新商品を搭載した彩速デモカーを展示し、来場者の皆様に実際に商品を体験していただきながらKENWOODブランドの魅力をお伝えしました。

東京オートサロン2018会期初日にはKENWOODブース内のステージで「2018年モデル 新商品発表会」を開催。

より原音に近いマスタークオリティーサウンドのハイレゾ音源、“DSD11.2MHz音源”の再生を可能にした、彩速ナビ史上最高音質のプレミアムモデル「MDV-Z905/Z905W」(「TYPE Z」シリーズ)、スマートフォンとの親和性が高い、新しい概念のAVシステム「DPV-7000」、彩速ナビと連携して楽しめるリアモニター「LZ-900」の3機種を発表しました。
当日は、当社オートモーティブ分野 市販事業部 商品企画部の渋谷 英治も登壇し、新商品の開発コンセプトや魅力を熱く語り、会場に詰めかけたマスコミ関係者から注目を集めました。

車内をエンタテインメント空間へ彩速ナビ「TYPE Z」、リアモニター「LZ-900」をデモカーで体感

新商品、彩速ナビ フラッグシップモデル「TYPE Z」を核に、車の前後を同時録画できるナビ連携型ドライブレコーダー「DRV-N530/R530」、新商品のリアモニター「LZ-900」、ハイレゾ対応スピーカー「KFC-XS1703」が体験できる彩速デモカーを展示。
新商品の優れた操作性、音質、楽しさを、実際に車内で体感していただきました。

彩速ナビを核として周辺機器がリンクする KENWOOD の「スマート連携」

車の前後を高画質で録画できるナビ連携型ドライブレコーダー。
スムースな走行と燃費向上をサポートする、ナビ連動型ETC2.0 車載器。
車内空間に調和するスマートなデザインのリアモニターなど、彩速ナビを核にした「スマート連携」を展示。KENWOOD カーエレクトロニクス商品のシステム提案を体験していただきました。

彩速ナビ「TYPE Z」「TYPE M」を展示最新機能をタッチ・アンド・トライ

新商品、彩速ナビ プレミアムモデル「TYPE Z」と、昨秋登場した好評のマスターモデル「TYPE M」の双方にナビ連携型ドライブレコーダー、ハイレゾ対応スピーカーを組み合わせて展示。
高画質、高音質、高速レスポンスを存分に体験していただきました。
また、彩速ナビとスマートフォンとの連携や「Apple CarPlay」「android auto」のタッチ・アンド・トライも実施。スマートフォンとの親和性も体験していただきました。

2016年度 販売数量第1位充実したラインアップのKENWOOD
ドライブレコーダー

KENWOOD史上最高画質モデルの「DRV-830」から、基本機能が充実したスタンダードモデルまで、ドライブレコーダーのフルラインアップを展示。最近のニュース報道も相まって、多くの来場者の方の関心を集めていました。 ※2016年度(4-3月)「Onboard Cams」メーカー別販売数量シェア
(国内のカー用品販売店、家電量販店、インターネット通販などの販売実績を基に推計した市場規模データ/ GFK Japan調べ)

モータースポーツを長年支える注目を集めた、KENWOODの最先端技術

Super GTに採用され、過酷なカーレースという条件下でも迫力ある映像をしっかりと記録できる専用車載カメラや、マクラーレンF1チームに提供している無線機器など、KENWOODの高度な最先端技術をアピールするコーナーにも注目が集まりました。

「TYPE Z」のイメージカラーで会場を彩った彩速ガールズ!

彩速ナビ プレミアムモデル「TYPE Z」をイメージした真紅のコスチュームをまとい、会場で大人気だった彩速ガールズ。KENWOODブースに彩りを与えてくれました。

開催中多くのお客様にご来場いただき、
誠にありがとうございました。

関連情報

ページトップへ戻る